事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

エキマニって聞いたことありますか?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

エキマニと聞いてすぐにクルマの部品名だとわかる方はそんなに多くいらっしゃらないのではないでしょうか?
エキマニの正式名称は「エキゾーストマニホールド」と言います。

クルマ好きの方からは「エキマニ」や「タコ足」と呼ばれ、エキマニ交換は排気系チューニングにおいてはマフラー交換と並びポピュラーなチューニングなんです。

エキマニの役割

クルマのエンジンは空気を吸ってそこに燃料を混ぜて混合気にし、それを爆発させて出力を得ています。
爆発で生じた燃料ガスは吐き出す必要がありますがその最初の通り道となるのがエキマニです。
高温の燃料ガスが最初に流れ込む部品なので排気系パーツでは最も負荷のかかるアイテムになる為、高い耐久性能が求められます。
加えてエンジンの出力向上を図るには排気効率をアップさせる必要があり、エキマニは排気効率改善の要となる重要な役割も担っています。

エキマニの種類と特性

エキマニには材質によっていくつかの種類があります。

鋳鉄型

一つは鋳鉄型と呼ばれるもので、型に鉄を流し込んで製造する鋳物なので量産に適しており、純正でよく使用されています。
鋳物ですから、当然熱に強く耐久性に秀でています。

鋼管型

これに対して、アフターパーツとして主流なのはチタン、ステンレス、インコネルなどで作られた鋼管型と呼ばれるものです。
曲げ加工や溶接など生産工程に手間がかかる為に比較的高価なパーツとなりますが、圧倒的に軽量である事、また排気効率向上を考えた設計であるため、パフォーマンスの向上が可能です。
基本的には、鋳鉄型から鋼管型への鋼管が一般的なチューニングになります。

エキマニ交換のメリット

排気系チューニングであるエキマニ交換もマフラー交換も、主な目的は「排気効率を上げてエンジン出力をアップさせる」事です。
そのため交換のメリットも当然、排気効率の改善です。

選ぶアフターパーツの素材や形状の違いにより、ご自身の好みに合わせた「高回転で回るエンジンにしたい」「中低速でのトルクを重視したい」などのカスタマイズが可能となります。
またチタン製のエキマニなどは虹色に焼き色が入るので見た目が非常に美しいと言われています。
2つの部品のうち、マフラーは排気ガスの最後の出口であり端についている部品なので交換も比較的容易ですが、エキマニは前述の通り排気ガスの最初の受け皿となる部品ですので、最もエンジン寄りについていますから交換には手間や時間もお金もかかり、気軽に行えるチューニングではありません。
部品と工賃で100,000円以上かかる事も珍しくありません。
そこまでして交換するからこそ、可能な限りの効果を得たいという思いからアフターパーツとしては圧倒的に鋼管型が選ばれるのです。

エキマニ交換のデメリット

一方のデメリットは、圧倒的にコスパが悪いという事です。
そもそもクルマの排気効率は、純正であっても非常によく計算されている為、前述の通り鋼管型の高額なアフターパーツを使用したとしても、出力アップ率は数値的にはわずかなのです。

アフターパーツによってはエンジンルーム内の熱発生の要因となり、ゴムやプラスチック部品の劣化を早めたりオーバーヒートの原因となったりすることもあります。
また、せっかくこだわってお金をかけたとしても、リセールの際にはリセールバリューにあまりプラスの影響はありません。

エキマニの故障と修理

純正のエキマニが故障(損傷)する事はほとんどありません。
しかし鋼管型のパーツの場合には、まれに経年による劣化で穴があく等により排気漏れを起こし、パワー不足やエンジンの異音といった症状が出る事があります。
穴があくなどの故障が生じた場合は、その大きさにより補修か交換かを決めていくことになります。

まとめ

クルマいじりが好きな方、スポーツ走行を楽しみたい方以外には、もしかするとカーライフの中で1度もその名前を口にする事の無いかもしれないエキマニについて基礎知識を挙げてみました。
エキマニの交換には専門的な工具や設備が必要になりますし、かなり大がかりな作業となりますので、エキマニ交換をしてみようと思ったときは信頼できる専門業者さんへのご相談と依頼をお勧めします。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。