事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

抹消登録をすることで戻ってくるお金一覧

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車の手続きと聞くと手数料がかかるというイメージが強いかもしれませんが、実は抹消登録を行うといくつか戻ってくるお金があります。
しかし、抹消登録をすれば自動的に戻ってくるものだけではなく、返金してもらうために申請が必要なものもあります。手続きのタイミングを間違ってしまうと返金してもらえなくなることもあるため注意が必要です。
抹消登録で戻ってくるお金と、その手続きについて解説します。

抹消登録で戻ってくる4つのお金

車を抹消登録することで戻ってくるお金(還付金)には、次の4つがあります。

・自動車税(抹消登録の手続きを行えば自動で還付される)
・自動車重量税(別途手続きが必要)
・自賠責保険(別途手続きが必要)
・任意保険(別途手続きが必要)

抹消登録の手続きだけで戻ってくるものと、別途申請をしなければならないものがあるので注意しましょう。
なお、抹消登録とは、車を二度と使えないよう解体してしまう「永久抹消登録」と、車はそのままで一時的に登録を抹消する「一時抹消登録」のいずれかを指します。

抹消登録だけで還付されるのは自動車税のみ

自動車税は、4月1日時点で車を所有している所有者に対して課される税金です。4月から翌年3月までの1年分をまとめて納めます。
抹消登録の手続きが完了した月の翌月から3月までの期間分の金額が月割りで計算され、自動的に還付されます。

自動車税の還付は、永久抹消登録・一時抹消登録いずれの場合でも同様です。
ただし軽自動車は、自動車税より課税金額の低い軽自動車税であるため、抹消登録を行っても軽自動車税は還付されませんのでご注意ください。

自動車重量税は永久抹消登録と同時に還付申請が必要

自動車重量税は、車体の重量に対して課せられる税金で、車体の重量に応じて課税金額が変わります。新車購入時は3年分をまとめて、車検時には2年分をまとめて納めることになっています。

自動車重量税は、運輸支局や軽自動車検査協会で行う永久抹消登録をした場合のみ、車検満了日までの期間分が月割計算で戻ってきます。ただし、車検の残存期間0が1ヵ月未満の場合は還付されません。

また、自動車重量税は永久抹消登録と同時に還付申請を行わなければなりません。うっかり忘れてしまうと、後で還付申請を行うことはできないので注意しましょう。

前述のとおり軽自動車税は戻ってきませんが、自動車重量税は軽自動車の場合でも還付されます。ただし、普通自動車と同様、還付を受けるために解体返納届と同時に還付申請を忘れずに行いましょう。

車が適正に解体されている必要がある

自動車重量税の還付は、自動車リサイクル法に基づいて適正に処理されていることが条件となります。もしも悪徳な業者に引き取りを依頼すると、車が正しく解体されないことがあります。これにより、永久抹消手続きができず自動車重量税の還付も受けることができない可能性があります。
車の引き取りは、適正に処理をしてくれる業者に依頼しましょう。

自賠責保険は有効期間が残っていれば解約申請が可能

自動車購入時に加入が義務付けられている「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」も、保険の有効期間が1ヵ月以上残っていれば解約金を受け取ることが出来ます。こちらは、永久抹消登録・一時抹消登録いずれでも手続き可能です。

自賠責保険の還付は保険会社に申請する

自賠責保険は保険会社と契約している保険です。そのため、保険会社に対して「解約申請」を行うことで、残りの期間に対する保険料が返金されることになります。
まずは、抹消登録することが決まった時点で保険会社に連絡を取り、解約に必要な書類や手続きの流れなどについて確認しておくことをおすすめします。

自賠責保険の解約手続きに必要な4つの書類

手続きに必要な書類は保険会社によって異なりますが、一般的には次のような書類が必要です。

1.自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)(原本)
2.普通自動車の場合:登録識別情報等通知書または登録事項等証明書(コピー)
 軽自動車の場合:自動車検査証返納証明書または検査記録事項等証明書(コピー)
3.所有者の認印
4.還付金の振込先口座情報

自賠責保険の解約はすぐに手続きしましょう

自賠責保険は、解約申請した日から残りの保険有効期間に対して月割りで還付されます。したがって、抹消登録日から日数をおいて解約申請をすると、還付金額が少なくなってしまう可能性もあります。
そのため、抹消登録後はすみやかに必要書類をそろえて解約手続きを行うようにしましょう。

任意保険も保険会社に解約申請をする

任意保険も保険会社との契約であるため、廃車の際には保険会社に対して解約手続きを行いましょう。
任意保険の解約手続きには、廃車が理由であっても特別に準備しなければならない書類はありません。通常の解約に必要な書類を揃えて提出しましょう。

先付け解約は抹消登録完了予定日に解約が可能

前述のように、任意保険の解約には抹消登録が完了したことを証明する書類は不要です。そのため、どのタイミングで解約しても問題はありませんが、一般的には車に乗る可能性のある期間は解約しないほうがよいでしょう。

ベストなタイミングは、手続きが完了する日に解約することです。それを可能にするのが「先付け解約」という手続きです。あらかじめ、抹消登録完了予定日を保険会社に連絡しておくことで、その日に解約することができます。

手続きを行うベストなタイミングをしっかりと把握することが重要

自動車税は抹消登録の手続きをするだけで還付されますが、自動車重量税・自賠責保険・任意保険についてはきちんと手続きしないと還付されません。また、手続きのタイミングを誤れば、戻ってこない・金額が減るといった悔しい思いをすることにもなります。

それぞれの還付金を受け取るための手続きのタイミングをしっかりと把握して、漏れのないようにひとつひとつ確実に手続きをしましょう。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。