事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

新車の初回車検を受けるならディーラー車検と民間車検、どっちがいい?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

新車を買ってから初めての車検を受ける方の中には、費用や所要日数、場所などの違いからいったいどこにお願いするのが良いのか迷われている方も多くいらっしゃると思います。
皆さんの選択の手助けとなれるよう、それぞれのメリットについて解説します。

車検とは?

車検とは自動車が保安基準や環境基準に適合する事を定期的に確認するために実施される「自動車検査登録制度」のことです。これは道路運送車両法に基づいた制度で、公道を走行する為には定められた期間ごとに継続検査を受けなければなりません。

車検の有効期間は?

車検の有効期間は車両の登録用途や車種によって異なります。

例えば用途を運送事業用として登録されているバスやタクシーは、初回も2回目以降も有効期間は1年なので毎年車検を受けなければなりませんし、レンタカー登録の普通車の有効期間は初回は2年、2回目以降は1年です。

一般的なマイカーについては自家用・乗用となりますので、普通車、軽自動車ともに初回3年、2回目以降は2年の有効期間となります。

車検の費用は?

車検時に必要な費用の内訳は「法定費用」「車検基本料金」「部品交換費用」の3つです。ひとつずつご紹介します。

法定費用

法定費用は「自賠責保険」「重量税」「印紙代」の3つから成り立っています。

・自賠責保険 : 普通車と軽自動車で費用が異なります
・重量税   : 車種・車両重量・年式・エコカー減免税適用有無で
         費用が異なります
・印紙代   : 車検を受ける場所と車種によって費用が異なります

印紙代で数百円の差はでますが、法定費用なので基本どこで車検を受けてもほとんど金額に差はありません。

車検基本料金

車検を受け付けている業者さんごとに設定している料金で、作業代や事務手数料、代行手数料などがこれにあたります。自由に設定出来る料金になるため、比較的差が大きくなりやすいといえます。一般的にはディーラー車検は少し高めと言われています。

部品交換費用

消耗品などの補充や交換など、必要に応じて発生する料金です。
ワイパーゴムの交換やエアコンガスの充填などの費用がこれにあたります。
初回については不要なケースも多いですが、車の年式が古くなればなるほど交換が必要な部品も増えてくるのが一般的です。

車検を受ける方法は?それぞれの特徴は?

車検を受けるには、以下の3つの方法があります。

・ディーラー車検
・民間車検
・ユーザー車検

「ユーザー車検」とは文字通り、事前整備を行い車検に通る状態の車両をユーザーの皆さんが自分で運輸支局に持込み受検する方法です。費用の面では最も抑えられる可能性が高いですが、なかなか簡単に合格できるものではありませんのでこのコラムでの詳細は省きます。

もっともポピュラーで受けやすいディーラー車検と民間車検には、以下のような特徴があります。

ディーラー車検の特徴

・自社メーカー車両の知識や整備のノウハウが豊富。
 特にCPU周辺の整備には強い
・純正パーツを使用してくれる
・予防整備に努めており、安全基準を高めに設定しているため、
 安心して任せられる
・全国各地に同系列の店舗があるので、簡単に探せて安心してお願いできる
・車検の指定工場である場合が多く、時間がかからない
・代車が同一車種や同等クラスなどの付加サービスをしてくれる店舗もある
・純正品を使用する部品代も含めて費用は民間車検と比較すると割高な傾向

民間車検の特徴

・ガソリンスタンド、カー用品店、専門店など店舗数が多く選択肢が豊富
・車検に通る事をメインとしているため、最低限の整備のみで完結する
・費用はディーラー車検と比較するとかなり安い
・予防整備的な点検は行われない
・低価格実現の為に付加サービスは期待できない
・所要日数がかかりがち

それぞれの特徴を理解して自分に合った選択を

それぞれの特徴はおわかりいただけましたか?一概には言えませんが、ディーラー車検、民間車検それぞれにこのような傾向があるということはご理解いただけたと思います。しっかりと整備点検をしてほしいなら予防整備にも積極的なディーラー車検、お得に受けるなら価格で頑張る民間車検が良いようですね。ご自身の考えに合った方法をお選びください。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。