事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車から異音がするときに確認する箇所一覧

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車のエンジンをかけたときや走行中に、異音を感じたことはないでしょうか。車を安全に使うには、常に状態に気を配る必要があります。異音がするということは、車の状態に問題がある証拠です。

異音がしている状態のまま車に乗り続けると、重大な故障を招き、修理費がより膨大になる恐れもあります。異音がしたらすぐに確認し、必要に応じて整備工場などで点検してもらいましょう。

今回は、車から生じる異音の種類と、どんな音がしたらどこを確認すべきかについて詳しく解説します。

車から異音が聞こえたら確認すべき箇所一覧

もし車から異音がしているなら、走行中であれば早めに安全な場所に車を駐車しましょう。異音は車に重大な問題が生じているサインです。無理に乗り続けると、故障の範囲が拡大し、修理によりお金と時間がかかる恐れがあります。

まず確認すべき箇所は以下のとおり。

*エンジン
*排気系
*ブレーキ・アクセルなどの足回り
*ギアを変えるときのトランスミッション系

チェックのポイントを見ていきましょう。

まずは車のどこから異音が聞こえるのか確認する

異音が聞こえてきたら、まずはどこから音が聞こえるのかを確認しましょう。音を発生させている場所で、何らかの問題が起こっていると考えられます。

多くの場合はエンジン、排気系、ブレーキやアクセルなどの足回り、ギアを変えるときのトランスミッション系で異音を感じることが多いので、どこで音が鳴っているのかを確かめましょう。整備工場で点検してもらうときに状態を説明するうえでも、異音の出どころを確認することは大切です。

異音の大きさとタイプを確認する!音が小さいうちに対処するのが基本

音がどこから聞こえるのかに加えて、異音の聞こえ方、音の大きさも重要です。聞こえ方は、不具合が生じている箇所によって異なるので、どこの場所からどのような音が聞こえるのかが分かれば、起こっている問題をある程度推測できます。

音の大きさに注目することも大事です。一般的に、異音が小さい間は不具合の度合いが軽い段階であり、異音が大きくなるほど不具合が重大化する傾向があります。異音が小さい段階で不具合が起こっていることに気づいて対応できれば、修理期間は短く、かかる費用も安くて済むことが多いでしょう。

しかし、小さな異音が聞こえるのに放っておくと、不具合の度合いが次第に重くなり、気づいたときには大規模な修理が必要になる恐れがあります。

車から聞こえる異音の種類で起こっている箇所を判断できる

実際にどのような音がすると、どんな不具合が起こっているのか、典型的なケースについて以下で紹介します。もちろん、自分ですべてを判断せずに、整備工場などで専門家に点検してもらうことも大切です。

ベルトの交換時期・オーバーヒート・エンジンオイルの不足を表す異音

エンジンを起動した際、エンジン部分から「キュルキュル」という異音がした場合、ファンベルトやタイミングベルトに不具合が起こっていることが考えられます。自宅で取り換えるのは難しいので、整備工場で見てもらいましょう。

「キンキン、カンカン」といった金属音が聞こえるときは、エンジンがオーバーヒートを起こしている恐れがあります。冷却水が足りなくなっているときに金属音が発生するので、もしこのタイプの音が聞こえたら、すぐにエンジンを止めましょう。

冷却水の状態を確認するには、まずはエンジンルーム内にあるリザーバータンクの場所を把握する必要があります。タンクのキャップに「冷却水」や「coolant」などの表記があるので、初めてチェックする場合は最初にキャップを確かめるとよいでしょう。リザーバータンクを見つけたら、冷却水の状態を確かめ、不足しているようなら補充します。

「ゴロゴロ、ガラガラ」という音がする場合、疑われるのはエンジンオイルの不足です。運転中にこの音が聞こえたら、エンジンオイルの残量をオイルレベルゲージで確認しましょう。オイルレベルゲージは、黄色もしくはオレンジ色のグリップの付いた部品のことです。

装着箇所から慎重に引き抜いてウエスで棒を拭き取った後もう1度装着し、それからまた引き抜けば、エンジンオイルの残量を確認できます。不足しているようなら、じょうごもしくはオイルジョッキでエンジンオイルを補充しましょう。オイルが漏れ出しているときは、整備工場に修理を依頼します。

ブレーキ・マフラーに異常がある場合の異音

ブレーキを踏んだときに「キーキー」という音がするときは、ブレーキパッドがすり減っていることが考えられます。

マフラーの辺りから「バラバラ」と異音がしているときはマフラーの腐食、「カラカラ」と乾いた音がするときは排気管事態に不具合が生じている恐れがあるので、整備工場での点検が必要です。

車からの異音は不具合の証拠!音の原因をチェックし速やかに対処しよう

車のエンジン始動時や走行中に異音が聞こえた場合、車に不具合が起こっている恐れがあります。異音が聞こえたら、まずは音が起こっている場所、音の大きさ、音のタイプを確認しましょう。

車のどこから、どんな音が聞こえてくるのかがわかれば、不具合の場所をある程度推測できます。ただ、素人では十分にチェックするのは難しいことも多いので、専門家のいる整備工場で点検してもらいましょう。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。