事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車が壊れた時に優先するのは修理?乗り換え?

修理か乗り換えか
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

大切に乗ってきたマイカーが突然壊れてしまったらすごく困りますよね。
だからと言って、焦って販売店や修理工場の勧めるがまま、乗り替えや修理の判断をしていませんか?

本記事ではどういった時は修理をし、どういった時は乗り替えを検討した方が良いのかをご紹介します。
また乗り替え時のお得情報についても合わせてご紹介いたします。

車が壊れた時は修理するべき?乗り替えるべき?

車が事故や故障などで使えなくなった場合

  • 修理 
  • 乗り替え

このどちらかを選択しなければなりません。どちらを選んだ方が良いかは、故障の状況などによって異なります。
では、選択のための基準を見てみましょう。

修理をした方が良い場合

車が壊れた時、修理した方が良いと判断できるポイントは主に2つあります。

1.修理する事で完全に直る、かつ修理費用が適正

安心して車を使用できる状態に戻り、かつ修理代が適正であれば、車両保険の利用なども視野に修理を検討される方が良いでしょう。

2. 乗り替えたいと思う車がない

乗り換える車を探したが乗りたい車が見つからない場合など、乗り換えに前向きでないのであれば無理をせず、今の車を修理して乗り続けた方が良いでしょう。
車の購入は大きな決断のはずです。乗りたくない車に何十万円、何百万円を出して後で後悔するくらいなら、代車手配などで多少の不便や出費があったとしても、修理を選んだほうが良いというケースもあります。

乗り替えた方が良い場合

一方で、車が壊れた時に乗り替えた方が良いと判断できるポイントもご紹介します。

修理をしても完全に直るという確約が無い、または修理代が高額

高い修理代を払っても、またいつ故障するか分からないとなると、安心して乗り続ける事できません。走行中の故障は事故の危険も伴いますので、安全性は何よりも重視しましょう。
また、修理をする場所によっては修理費用が新しい車を買うよりもずっと高額になってしまうケースもあります。その時は思い切って乗り換えることも一つの方法です。

安全性能的にニーズに適した車がある

例えば運転に不安を感じ始めた高齢者の方や、免許を取って間もない初心者ドライバーなどは、安全性能の高い車を検討するのも良いでしょう。
最近の自動車は優れた安全機能がついているものも多く、運転をアシストしてくれます。

燃費など経済的なニーズに適した車がある

車検を受けるタイミングが近い、あるいは燃費が悪くなった、税金が高いなどの理由から、今の車の維持費を見直そうと考えている場合は、乗り替えがベストな方法かもしれません。
乗り替える時に多少の負担はあっても、長い目で見れば節約につながります。

修理or乗り替え、それぞれの注意点

さて、車が壊れた時に修理すべきか、それとも乗り替えるべきかについて、それぞれの判断ポイントをご紹介しましたが、どちらを選択するにしても、注意しておきたい要素がいくつかあります。

修理の時の注意点

まずは、壊れた車を修理する場合の注意点を2つご紹介します。

相見積もりをとる

もちろん信頼できる修理工場や販売店さんをお持ちなら、お任せするのも良いと思います。
ですが、そうでない時は最低2社以上の見積もりをとることをおすすめします。金額の見比べだけではなく、見積もりについて丁寧な説明があったか、納期や工賃が適正かなども比較してみると良いでしょう。
費用を抑えるために中古パーツの活用を提案してくれるなど、親切な業者さんもたくさんいらっしゃいます。

故障の原因と理由の特定をする

車が壊れた原因はどこにあったのかをきちんと特定しないと、再発防止に努める事が出来ません。
ただの経年による劣化なのか、あるいは使い方や運転方法に問題があったのかはきちんと確認しておきましょう。

乗り替えの時の注意点

次に、乗り替える場合に注意しておきたい点と、知っておくとお得に乗り換えができるケースについてご紹介します。

できれば相見積もりを取る

壊れた車を乗り替える場合でも、修理をするときと同様に相見積もりをとるようにしてください。
相見積もりをすると宣言することで、煩わしい駆け引きもなく好条件の値引き提案をもらえたというケースはよく聞かれます。

なるべく現車を確認してから購入手続きへ

次の車の購入を焦ってしまい、インターネット上の写真だけで中古車を買ってしまった結果、トラブルに巻き込まれたというような話が度々聞かれます。
どうしても現車の確認が難しい場合でも、契約キャンセルについての条項や支払いタイミングについてはしっかり確認をしておきましょう。

乗り替え時に知っておくとお得な情報

壊れた車を乗り替える場合、もともとあった車をどう処分するか、次の車をどこで買うかによって、お得に乗り換えができるケースがあります。

処分する車にも値段が付くケースがある

年式や車種によりますが、最近はどんな車でも0円以上買取を謳う買取業者が多数存在します。車の乗り替えはディーラーさんへ下取りを…と思われる方も多いですが、次の車を購入した販売店だけにしか売却できない訳ではないのです。
中には、別の業者に売却する場合は保管料を請求されるという所もあるようですが、その費用も含めて買取査定をしてもらうことで、損せず解決できたという解決例もたくさんあります。
手続きなどの手間もかかりませんので是非一番高く買ってもらえる所を探してみてください。

車を処分すると戻ってくるお金がある

普通車に限ってのことですが、抹消登録の手続きをすると自動車税が月割りで還付金として返納される場合があります。
例えば8月に抹消登録の手続きが完了すれば、9月~翌3月までの7か月分の還付金を受け取ることが出来ます。還付金の申請手続きは、抹消登録手続きから1~2か月後に県税事務所よりご自宅に届く還付通知書をもって行ってくだ

販売店にはさまざまなキャンペーンがある

同じ車種・同じグレードの車でも、低金利キャンペーンやオプションプレゼントキャンペーンなどのメーカーキャンペーンが実施されている場合、販売店や時期によって価格に違いがあります。
壊れた車を乗り替えるときは、なるべくたくさんの情報を集める事をお勧めします。

車が壊れた時は複数の選択肢の中から自分に合ったものを選ぼう

車が壊れた時に修理する、または乗り替える…どちらにも共通する事ですが、焦って事を進めたり、面倒くさがって必要な確認を怠ったりしてしまうと、後で後悔してしまうケースがあるので十分に注意してください。
どちらの選択であっても、「勧められるがままに」ではなく、いくつかの選択肢や比較対象を用意し、ご自身で結論を出す事をお勧めします。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。