事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

過走行車で確認しておきたいパーツについて

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

過走行車とは、一般的に走行距離10万kmを超えるような車を指します。過走行車は、今後の故障リスクなどを低減するために、パーツの状態に注意しておく必要があります。今回は、過走行車の定義や注意すべきポイントについてご紹介します。

走行距離10万kmを超えると過走行車と見なされることが多い

過走行車の定義はハッキリと決められているわけではありませんが、過走行車とは、一般的な走行距離よりも長い距離を走行している車のことを指します。

一般的な走行距離はおおむね年間1万km前後となりますので、たとえば2年で5万kmを走行しているような車も、一般的な走行ペースをはるかに上回っているという意味で、過走行車と呼んで差し支えないということです。

しかし実際に多くの場合は、走行距離が10万kmを超えた車が過走行車扱いされることが多いです。

中古車市場においても、走行距離が10万kmを超えているかそうでないかで査定価格が大幅に変わるケースもあるほど、市場では10万km超え=過走行という見方が主流となっています。

過走行車はパーツ交換を心がける必要がある

走行距離10万km超えの過走行車は、長く走り続けてきただけに各パーツの劣化も進行しています。今後の故障リスクなどを避けるためにはパーツ交換を検討する必要もあります。

走行距離10万km超えの過走行車がまず交換すべきはタイミングベルトです。タイミングベルトはほぼすべてのメーカーが10万kmを区切りに交換することを推奨しているので、これは必ず交換しておきましょう。

それ以外にも、以下のようなパーツのチェックや交換が推奨されます。

*ウォーターポンプなど、タイミングベルト付近にあるパーツ
*ブレーキパッド
*ブレーキホース
*ヘッドランプ
*ドライブシャフトダストブーツ
*タイロットエンド
*クラッチ

こうして見ると、過走行車を今後も乗り続けるためには、そのメンテナンスのためにかなりの費用がかかるという事実が見えてきます。

過走行車は下取りや中古車販売業者で高値買取の可能性が低い

自分の車が過走行車と見なされる状態になってしまった場合、「メンテナンスの費用も高くつくので、売って新車に買い替えるための足しにしたい」と考える人もいるでしょう。

自分の車が過走行車と見なされる状態になってしまった場合、「メンテナンスの費用も高くつくので、売って新車に買い替えるための足しにしたい」と考える人もいるでしょう。

しかし先ほど述べたとおり、中古車市場では走行距離が10万kmを超えているかそうでないかで査定価格が大幅に変わるケースがあり、過走行車と見なされれば基本的には安く買い叩かれます。

レアな車種などでもないかぎり、過走行車が中古車販売業者に高値買取をしてもらえる可能性は低いでしょう。ディーラーの下取りでも、最低限の下取り価格しか提示されない可能性が高いです。

中古車販売業者の買取価格やディーラーの下取り価格に納得できない場合は、ワケあり車の買取に強い廃車・事故車専門買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

廃車・事故車買取専門業者とは、事故車や故障車・不動車などワケありの車の取扱いを得意としている業者のことで、普通ならスクラップにするしかないような車でもお金を出して買い取ってくれます。

画像査定や無料の出張査定などに応じてくれる業者もありますので、とりあえずは中古車販売業者やディーラーと買取価格を比べてみるだけ、という気軽な気持ちで問い合わせてみるといいでしょう。

過走行車はメンテナンスに費用がかかる!売却も1つの手

過走行車はこれまでの長距離走行であちこちのパーツが劣化しているため、タイミングベルトをはじめとしたさまざまなパーツの交換が推奨されます。

メンテナンスにはかなりの費用がかかる可能性が高く、そこまでの費用を支払って同じ車に乗り続けることにこだわるよりも、売ることを検討するのもひとつの手です。

少しでも高く買い取ってもらいたいなら、廃車・事故車買取専門業者に査定してもらうことをおすすめします。

この記事を書いた人

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。