事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

チャイルドシートの使用期間はいつまで?義務や必要性について

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

警察庁とJAFの調べによると、令和元年度(2018年)のチャイルドシート使用率は70.5%でした。前年比から4.3ポイントの増加と、子どものチャイルドシート使用率は上昇傾向にありますが、それでも道路交通法の規定に従っていないケースが散見されます。[注1]

道路交通法上、幼児を車に乗せる場合は何歳までチャイルドシートを使用すべきなのでしょうか。また、幼児をチャイルドシートに乗せない場合、どのような危険性があるのでしょうか。この記事では、チャイルドシートの使用期間について、法的義務と安全性の2つの観点から解説します。

チャイルドシートの使用期間は?道路交通法では6歳未満まで義務付け

運転者が幼児を車に乗せる場合、何歳までチャイルドシートを使用するべきなのでしょうか。実は、道路交通法第71条の3 第3項では、チャイルドシートの使用義務年齢が明確に定められています。

ここでは、道路交通法上の使用義務年齢のほか、運転中の安全性の観点から見た推奨年齢について見ていきます。

6歳未満の幼児はチャイルドシートを使用しなければならない

道路交通法第71条の3 第3項では、チャイルドシートの使用義務年齢について次のように定めています。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。[注2]

道路交通法における「幼児」とは、6歳未満の子どもを指します。つまり、6歳未満の子どもを車に乗せる場合、運転者はチャイルドシートを使用させる義務があります。子どもの親に限らず、すべての運転者が対象となる点に注意が必要です。

しかし、警察庁とJAFの統計では、5歳の幼児のチャイルドシートの使用率は48.0%にとどまります。[注1]安全性から見ても、チャイルドシートの未使用は危険です。

安全性から見る年齢の目安は?身長140センチまでは使用が推奨される

運転中の子どもの安全を守るため、子どもが「身長140センチ」に達するまではチャイルドシートを使用させるのがおすすめです。車のシートベルトの多くは、身長140センチの乗員を対象として設計されているからです。体格によって適したチャイルドシートは異なるため、子どもの体に合った製品を選びましょう。

乳児や新生児であれば「ベビーシート」、ある程度体が大きくなった子どもであれば小学生でも使用できる「学童用ジュニアシート」が適しています。

チャイルドシートはなぜ必要?子どもの命を守るために正しい使用を

チャイルドシートを使用しないまま子どもを車に乗せると、どんな危険があるのでしょうか。大切な命を守るため、正しい知識を知っておきましょう。

チャイルドシートを使用しないと交通事故の致死率が約11.1倍に

平成27年~令和元年の交通事故の統計を紐解くと、チャイルドシートの使用の有無によって、運転中の6歳未満の子どもの死亡率に大きな違いが出ています。

チャイルドシートを正しく使用した場合、交通事故の致死率は0.04%ですが、チャイルドシートを使用しなかったの場合は約11.1倍の0.43%でした。[注2]

チャイルドシートを正しく使用したかどうかが、運転中の子どもの安全に影響しています。

正しい取り付けができているか判断するチェックポイント

チャイルドシートは間違った方法で使用してしまうと、本来の安全性能が発揮できません。幼児がチャイルドシートから飛び出したり、チャイルドシート本体が放り出されたり、かえって危険な目に遭うケースもあります。

チャイルドシートの「ミスユース(間違った使い方)」を判断するチェックポイントについて知り、正しい使い方でチャイルドシートを使用しましょう。

■乳児用・幼児用のチェックポイント
・体格に合っているか(製品の使用時期に合っているか)
・ハーネスの高さが正しい位置にあるか
・ハーネスの締め付け加減は適切か
・ハーネスがよじれたり、ねじれたりしていないか
・背もたれの角度が不適切ではないか

■学童用のチェックポイント
・体格に合っているか(製品の使用時期に合っているか)
・肩ベルトの位置が高すぎたり、低すぎたりしないか
・通し穴に腰ベルトをきちんと通しているか
・肩ベルト、腰ベルトの通し方を再度点検したか
・肩ベルトガイドをきちんと付けているか
・座席ベルトがねじれていないか
・国土交通省指定の2点式ベルトを使用しているか

[注1]

子どもの命を守るためチャイルドシートの正しい使用を

道路交通法によって、6歳未満の幼児はチャイルドシートを使用しなければならないと定められています。チャイルドシート本来の性能を発揮するには、ミスユース(間違った使い方)にならないよう、正しく使用する必要があります。

大切な命を守るため、子どもの体に合ったチャイルドシートを使用しましょう。

[注1] 警察庁交通局、一般社団法人日本自動車連盟:チャイルドシートの使用状況等について

https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/childseat/2019CRS.pdf

[注2] 警察庁:子供を守るチャイルドシート

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/childseat.html

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。