事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

スマートキーが電池切れ!?困ったときの対処法をご紹介!

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

最近では多くの自動車にスマートキー(スマートエントリー)が採用されています。

キーレスエントリーとは違い、かばんやポケットにスマートキーを入れておけば、車に近づく、あるいはドアに触れることで鍵を解錠することができ大変便利です。

しかし、もしもある時うっかり電池が切れてしまったら…?

この記事では、スマートキーの電池が切れた時のトラブル解決策から、ちょっとした豆知識までご紹介します。

スマートキーとは?

スマートキーは多くの車に採用されているキーで、電波を利用して鍵を持った利用者が近づいてきたことを判別し、自動で解錠・施錠ができる仕組みになっています。加えて、キーを差さなくてもブレーキを踏みながらスタートボタンを押すことで、エンジンをかけることもできます。

知って得する!(?)メーカー別スマートキーの名称

実は、スマートキーの呼び方はメーカーによって異なることはご存知でしょうか?

トヨタ自動車 ・・・・・スマートキー

日産自動車・・・・・インテリジェントキー

本田技研工業 ・・・・・Hondaスマートキー

スズキ・・・・・・携帯リモコン

スバル・・・・・・ アクセスキー

三菱自動車工業・・・・・・キーレスオペレーションキー

ダイハツ工業・・・・・・電子カードキー

マツダ・・・・・・アドバンストキー

様々な名称がありますが、役割はすべて同じです。
この記事では、「スマートキー」という言葉に絞ってご説明していきます。

スマートキーの電池が切れたら?

スマートキーは大変便利な反面、デメリットとして挙げられるのが電池の残量です。

車種によっては電池残量が分かるものもありますが、そうでない場合は電池交換のタイミングが分からず、気が付けば電池切れ…というケースが多々あります。
電池の寿命は1~2年と言われていますが、電磁波の多いところに置いておくと消耗が早くなり、想定より早く切れてしまうこともあります。

万が一スマートキーの電池が切れてしまったら、電池を交換しなければなりません。しかし、状況によっては電池交換がすぐに対応できない場合もあり得ます。
状況に応じた対処法をご紹介しますので、ひとつずつ落ち着いて対応しましょう。

非常用のメカニカルキーで対応

スマートキーには、万が一電池が切れた場合でもドアをあけたりエンジンをかけたりできるよう、メカニカルキーと呼ばれる非常用の鍵が内臓されています。

メカニカルキーの取り出し方やその後のエンジンのかけ方は車種によって異なるので、事前に取扱説明書で確認しておくことをお勧めします。

トヨタ・プリウスのスマートキーの場合は、スマートキーの側面にメカニカルキーを取り出すための解除ボタンがあります。スマートキーの凸凹としたところがメカニカルキーの頭の部分にあたるので、解除ボタンを押しながらメカニカルキーを引っ張り出します。これでドアの解錠が可能です。

エンジンをかける場合は、シフトポジションをPにしたうえでブレーキを踏みながら、スマートキーのロゴが入ってる面をエンジンスイッチに向けてタッチします。

インジケーターが緑色に点灯したら、エンジンスイッチを押せばエンジンがかかる仕組みです。

型が合えば市販の電池でOK。落ち着いて交換を

メカニカルキーで応急処置は可能ですが、あくまで非常用の対策ですので、電池が切れた場合は交換を行いましょう。

複雑な造りにはなっていないので、スマートキーをひらくことは難しくありませんが、小さなネジで閉まっているので、それを開けられる細いドライバーが必要です。

中にはボタン電池が入っていますので、型番を確認して新しいボタン電池に交換しましょう。もちろん、型番や大きさが違えば正常に作動しませんので注意してください。

交換が難しい場合はディーラーに相談しましょう。

電池を変えても動かない?そんな時はディーラーへ

先述のような電池交換を行ってもスマートキーが動かない場合は、スマートキーそのものが故障している可能性があります。

スマートキーは繊細な機器のため、磁気を帯びた家電製品の近くに置いたり、うっかり落としたりしてしまっただけでも故障してしまう可能性があります。

電池を交換しても正常に作動しない場合は、ディーラーへ相談してみましょう。

場合によっては、スマートキーではなく車の故障によって動かなくなっている可能性もありますので、プロによる正確な判断が必要です。

スマートキーの電池は定期的に交換しよう

スマートキーの電池切れが近づいてきたら、反応が鈍くなったり、LEDランプが点灯するものであればランプが点灯しなくなったりするなど、何らかの兆候が見られます。

少しでも違和感を感じたら、まずは電池交換を行いましょう。可能であれば、1年に1度は交換することをおすすめします。

万が一急に動作しなくなった場合は、説明書を確認しながらメカニカルキーを活用しましょう。電池を交換しても動かない場合は、ディーラーへ相談することが解決への近道です。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。