事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車の処分方法にはどんな種類がある?売却と廃車の方法もご紹介

車の処分方法
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

引っ越し先に車を持って行けない、新しい車に買い替えたい…などの理由で車を手放さなければならなくなった場合、処分する方法は大きく分けて4つあります。

それぞれ手続き方法や特徴が異なりますが、選択した手段によっては損をしてしまう可能性もあるので、各々の方法をよく吟味してから慎重に検討しましょう。 ここでは車の処分方法の種類と、売却や廃車にする方法についてわかりやすく説明します。

廃車から売却まで!車を処分する方法4選

車を処分する方法は、売却・廃車・下取り・譲渡の4種類に分類されます。 それぞれの方法の特徴についてまとめました。

車買取業者に売却する

中古車の買取を専門に行っている業者に売却する方法です。
売却額は査定によって決まるので業者ごとに異なりますが、人気のある車種なら高値で買い取ってもらえることが多いです。
また、業者によっては廃車でも買取受付してくれるところもあります。
その場合、廃車手続きも買取業者が代行してくれるので一石二鳥です。

廃車手続きをする

一時次抹消登録または永久抹消登録の手続きを行えば、車を廃車処分する事ができます。
事故などで車が破損し、下取りや売却に出せない場合に廃車手続きを行うケースが多いようです。

ただし、一時抹消登録をしても車は手元に残ってしまいますし、永久抹消登録をする場合は手続きの前に解体業者に解体してもらわないと手続きできませんので、非常に手間と時間がかかるためおすすめできません。

下取りに出す

新しい車に乗り換える場合、古い車を下取りに出し、そのぶん新しい車を値引きしてもらう事ができます。

乗り換え手続きを簡単に済ませられるのがメリットですが、そもそも新しい車を購入する予定がなければ使えない手段である上、車を購入する店にしか下取りに出せないところが難点です。

知人などに譲渡する

知人や友人に不要な車を譲渡する方法もあります。
身近に車を欲しがっている人がいれば感謝されますが、業者を通さないぶん、名義変更などの手続きは自分たちで行わなければなりません。

譲渡がスムーズに行かないとトラブルに発展するおそれもあるので要注意です。

業者にお任せ!車を売却する方法

車買取業者に車を売却する方法はとても簡単です。

まず業者に問い合わせをし、都合の良い日時に車の査定をしてもらいます。
直接店に持ち込んでもOKですが、事故などで自走できない場合は出張査定を依頼しましょう。
査定価格に納得できたら、必要な書類を提出し、買取金額を受け取れば完了です。

なお、普通車の売却には以下6つの書類を揃える必要があります。

①自動車検査証(車検証)
②自賠責保険証明書(期限切れの場合は不要)
③印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
④自動車登録専用委任状
⑤自動車登録専用譲渡証明書
⑥リサイクル券(所有している場合のみ)

軽自動車の場合は③④⑤の代わりに「申請依頼書」の提出が必要です。
④⑤と「申請依頼書」についてはWEB上からダウンロードし、プリントアウトして使用できますので、あらかじめ用意しておきましょう。

廃車の仕方によって手続きが異なる!車を廃車にする方法

車の廃車方法には、一時的に車の使用を中止する「一時抹消登録」と、二度と乗らない場合の「永久抹消登録」の2パターンがあり、それぞれ手続き方法が異なります。

一時抹消登録の手続き方法

管轄の陸運支局(軽自動車なら軽自動車協会)にて、以下の物を持参して手続きします。

①所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
②所有者の実印(軽自動車は認め印でも可)
③車検証
④ナンバープレート(2枚)

もし所有者以外の人が代理手続きをする場合は、所有者の実印を押印した委任状が必要です。
また、車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合は、別途住民票等も用意しましょう。

まず窓口で申請書と手数料納付書を購入し、必要事項を記入したら、手数料納付書に350円の印紙を貼り付けます。
車のナンバープレートを返却した後、必要書類を窓口に提出したら、登録識別情報等通知書(軽自動車は自動車検査証返納証明書)が発行されます。
登録識別情報等通知書は再びその車に乗る場合の手続きに必要となりますので大切に保管しましょう。

永久抹消登録の手続き方法

永久抹消登録の手続きを行う場所や必要書類は一時抹消登録手続きと同じですが、手続きを行うにあたっては「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」の2つを記載する必要があります。

移動報告番号は、車を購入した際に添付されるリサイクル券(使用済自動車引取証明書)のB券で確認できます。
一方の解体報告記録についてですが、永久抹消登録手続きを行うには、あらかじめ業者に依頼して対象の車を解体してもらう必要があります。
その際に発行される解体証明書に記載されている日付をメモ書きし、手続きの際に使用しましょう。

なお、永久抹消登録を行う時点で車検が1ヶ月以上残っている場合、重量税の還付を受けられます。
その場合は所有者のマイナンバーが記載されている書類と還付金を受け取る口座の情報を用意して手続きしましょう。
永久抹消登録の場合、手続きそのものに費用はかかりません。
ただ、車の解体費用や、自走できない場合のレッカー費用などは別途発生しますし、業者に手続きを代行してもらった場合はさらに代行手数料を支払う事になるので注意が必要です。

不要になった車は車買取業者に売却するのがベスト!

不要になった自動車を処分する方法はいくつかありますが、コストやリスクなどを考えた場合、最もおすすめなのは中古車買取業者に売却する方法です。
そのままでは使えない事故車であっても、専門業者であれば取り外したパーツを売却する独自のルートを確保していますので、思わぬ高値で買い取ってもらえる可能性があります。

廃車にすると解体費用やレッカー費用がかかってしまいますので、まずは中古車買取業者に査定を依頼してみることをおすすめします。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。