事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車のドアから異音がする原因と修理費用の目安

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車のドアから異音がする場合に考えられる原因をご紹介します。

比較的心配の少ない異常であれば、簡単な対策だけで解決できます。
しかし、ドアの歪みやサスペンションの異常など、すぐに修理業者に相談したほうがよい異常もあります。

この記事では、ドアの異音について詳しく解説いたします。

ドアから異音がする5つの原因

ドアから異音がする原因は5つ考えられます。
詳しく見ていきましょう。

原因1. ドアヒンジやドアチェッカーの異常

ドアの開閉時にギシギシ音がするのは、ドアのヒンジやドアチェッカー周辺に異常がある場合がほとんどです。

原因として一番考えられるのは、ヒンジやドアチェッカーの潤滑油が減ったことです。潤滑油がなくなると、ドアがきしみます。

ドアのヒンジやドアチェッカーの潤滑油が減っている場合は、潤滑油を差せば直ります。

原因2. 潤滑油の中に塵などが混入している

もし異音が大きければ、潤滑油の中に塵などが混入している可能性もあります。この場合は潤滑油をろ過するか、全部抜いてしまって新しい潤滑油を入れれば解決します。しかし、普通はそこまでやる必要はないでしょう。

原因3. 衝撃によるドアの歪み

車のドアをどこかにぶつけた場合は、その衝撃でドアが変形して、開閉がスムーズにできなくなっていることも考えられます。

ドアをぶつけたために異音がする場合は、素人ではどの程度の損傷かわからないので、修理業者に依頼するほうがベターです。

原因4. ドアの傷や錆

ドアが歪んだままだとわずかな隙間から雨水が入って、錆や故障を引き起こしている可能性もあります

もしドアの表面に傷やへこみがある場合は、その部分の塗装が剥げて雨水が浸水し、錆の原因になることがあります。

わずかな傷でも錆はどんどん広がるので、早めに対策を取りましょう。

原因5. 走行中の異音はサスペンションの異常の可能性もある

稀にサスペンションなどの足回りに異常があるために、ドア付近から異音がすることもあります。

この場合の異音は、走行中にずっと聞こえています。明らかにドアの故障とは異なるため、すぐ専門業者に見てもらったほうがよいでしょう。

ドアの修理にかかる費用

ドアの修理にかかる費用は500円程度から10万円程度と、修理内容によりさまざまです。

潤滑油を差すだけなら500円〜

ドアのヒンジの異音は、前述したように潤滑油を差せばほとんど直ります。潤滑油を差すだけなら自分でもできますが、修理業者に依頼した方がベターです。

ドアの修理は約2~3万円以上

ドアをぶつけたために異音がする場合は、ドアのへこみを直さなくてはなりません。

へこみを直す場合は、約2~3万円から修理できますが、修理する範囲により異なります。もしもドアをまるごと交換する場合には、車種に応じてドア1枚につき約10万円~の費用がかかります。

車両保険に入っていれば、保険を適用して修理することも可能です。

ドアのへこみや傷を放置しておくと、雨水による錆の発生で、思わぬ修理代がかかることもあります。ドアのへこみはすぐに修理しましょう。

安全な走行のためにはドアからの異音を放置しないこと

車のドアから異音がするのは、ヒンジやドアチェッカーの潤滑油切れであることがほとんどです。

この場合は、潤滑油を差せば音がしなくなります。

走行中の異音はサスペンションの異常の可能性もあります。速やかに修理業者にみてもらうようにしましょう。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。