事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車のフレームが歪んでしまった場合の修理について

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

自動車のなかでも重要なパーツであるフレーム。このフレームが歪んでしまった場合は修理が必要です。ですが、修理をする前にフレームが自動車のパーツで果たす役割を把握しておきましょう。

自動車のフレームとは?

自動車のフレームとは自動車の中で最も強度があり車体を支える重要な部分です。フレームの種類は大きく分けて2種類あり、オフローダー等によく使われるラダーフレームと、一般的な普通自動車によく使われるモノコックフレームがあります。

ラダーフレーム

ラダーフレームはその名の通り、はしごを横にしたようなフレームです。そのフレームに足廻りやエンジン等が搭載され、ボディーはフレームの上からかぶせるような構成になっています。頑丈な造りになっていることが特徴ですが、一方で重量が重くなるデメリットがあり、製造コストも上がるため車体価格も高くなりがちです。

モノコックフレーム

モノコックフレームはボディーとフレームが一体で構成されています。一体構造なので軽く作ることが可能であり、部品点数も少ないので価格も抑えられるメリットがありますが、どこか1か所に衝撃が加わると、それがボディ全体に影響しやすいという特徴があります。

フレームが歪むとどうなる?

車のフレームが歪むと真っ直ぐ走れない等のトラブルに繋がります。ハンドル調整で修正することもできますが、タイヤの接地状態が狂ってしまっているため片磨耗をひきおこしやすくなります。またドアの建て付けが悪くなる(開けにくい又は閉まりにくい)、パネルとパネルの間に隙間ができる、雨漏りする等、様々なトラブルの原因になります。

フレームが歪んだときの修理方法は?

フレームは自動車のパーツの中で一番頑丈なので、歪みを修復するには相当な力と技術が必要です。そのため、フレームまで損傷を起こした車両は専門業者にしか対処できません。修理の工程では、専用の機械を用いて何トンもの大きな圧力をかけ、ミリ単位の繊細な作業を行うことになります。

フレームを修理しても完全に元通りにはならない

フレームが損傷した車でも上記のような方法で修理することができます。しかし、完全に元通りにするのは殆ど不可能です。特にモノコックボディーはボディーとフレームが一体になっています。修理後しばらくして雨漏りが発生したり軋む音がしたりする等の影響が出る可能性があります。

フレーム修理の料金は?

頑丈なフレームが歪む程の衝撃を受けているのでやはり修理金額も高額になります。最低でも10万、高ければ100万円以上かかってしまう事もあります。フレーム修正だけではなく周辺の板金塗装、バンパー、フェンダーの交換等々、作業箇所が多岐に渡るので、少し擦った程度の事故とは比較にならない程の修理費用がかかります。

フレーム修正=事故車(修復歴車)になる

事故車という言葉を聞いたことは無いでしょうか?事故車とは「骨格部分を交換または修理したことがある車」の事を指し、査定では「修復歴あり」と判定されます。修復歴「あり」と「なし」では査定額に大きな差が出でます。また販売時に事故車であることの表示が義務づけられていますので、安値で販売しないと買い手がつかないという理由もあり、査定額は大きく下がる傾向にあります。

フレームが歪むと修理費用や売却額への影響が大きい

本来曲がる筈の無いフレームまで曲がってしまった車は相当な衝撃を受けています。修理して乗る場合その後のトラブルも起きる可能性が高い事を頭に入れておきましょう。また例え保険で直せるとしてもその後に売却する場合、リスクを負った車とみなされてしまいますので、高額での売却は難しい可能性が高いです。修理費用と売却額を見比べて、どの選択肢が一番経済的かしっかりと検討することをおすすめします。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。