事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

軽自動車の廃車費用の相場はどれぐらい?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

軽自動車の廃車を業者に依頼した場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

今回は、軽自動車の廃車費用の相場について、廃車費用の内訳や還付金などとともに紹介していきます。

軽自動車の廃車費用の相場は廃車方法により異なる

軽自動車の廃車費用の相場は、廃車方法により異なります。廃車方法には、次の3つの方法があります。

軽自動車の廃車方法3つ

  1. ディーラーに依頼する
  2. スクラップ業者に依頼する
  3. 廃車買取業者に依頼する

軽自動車の廃車をする際には、ディーラーやスクラップ業者に手続きを依頼した場合、24,000円~40,000円程度を廃車費用として見積もっておく必要があります。

廃車買取業者に依頼をすると、費用0円で廃車手続きを行ってもらえます。無料で廃車手続きを行いたい場合には、廃車買取業者に依頼しましょう。

軽自動車の廃車費用の内訳

ディーラーもしくはスクラップ業者に軽自動車の廃車を依頼した場合には、具体的には、次の3つの費用が必要です。

軽自動車の廃車に必要となる費用4つ

  1. 引取費用・解体費用
  2. リサイクル費用
  3. 抹消登録手続き費用

以下、これら3つの費用について、項目別におおまかな金額を紹介します。

引取費用・解体費用

ディーラーやスクラップ業者に廃車を依頼した場合、車両の引取費用および解体費用として10,000~20,000円程度が必要です。

業者に車両の解体を依頼する場合は、個人からの依頼を受け付けているか確認しておきましょう。

リサイクル費用

車両を解体した際に出るゴミを処分するために、リサイクル費用が必要です。

軽自動車の場合には、8,000円ほどがリサイクル費用の相場となっていますが、2005年以降の新車登録された車は、自動車リサイクル法により購入時にリサイクル料金を支払っているため、別途支払う必要はありません。

抹消登録手続き費用

軽自動車の廃車で必要となる抹消登録手続きをディーラーなどに依頼した場合には、5,000~20,000円程度の費用が必要です。

業者に依頼する際には、業者側が準備した書類に必要事項の記入を行いましょう。

軽自動車の廃車により戻ってくる還付金

軽自動車の廃車依頼を行うと、次の2つの還付金の受け取りができます。

軽自動車の廃車により受け取れる還付金

  1. 自動車重量税
  2. 自賠責保険

なお、軽自動車を所有している場合に課税される軽自動車税は、月割制度がないため、年の途中で廃車にしても還付される制度はないので注意しましょう。

以下、軽自動車の廃車依頼を行うと受け取れる2つの還付金を具体的に説明します。

自動車重量税

自動車重量税は、新車登録時もしくは車検時に、車検の有効期間分を前納する税金を指します。廃車を依頼した段階で、車検の有効期間が1カ月以上残っている場合にのみ還付金として受け取りができます。

自動車重量税の還付金額は、次の式で算出されます。

納付した自動車重量税額×車検残存期間÷車検有効期間[注1]

自動車重量税の還付を受けるには、廃車依頼時に手続きを行っておく必要があります。

[注1]国土交通省:使用済自動車に係る自動車重量税廃車還付制度について

(2022-01-28)

自賠責保険

廃車依頼時に自賠責保険の有効期限が1カ月以上ある場合には、還付金を受け取れます。[注1]

新車への買い替えなどがなく、自賠責保険が不要になった場合には、保険会社に解約申請を行い、還付金の手続きを行いましょう。

軽自動車の廃車に必要な抹消登録手続き

軽自動車の廃車をする際には、抹消登録手続きが必要になります。

抹消登録手続きには、永久抹消登録手続きと一時抹消登録手続きの2つがあります。永久抹消登録手続きの申請は無料で、一時抹消登録手続きの申請は350円が必要です。

登録を永久に抹消する永久抹消登録手続きをする際には、車検証・印鑑・ナンバープレートを持参し、軽自動車検査協会で手続きを行いましょう。軽自動車の廃車を業者に依頼した際には、リサイクル券(使用済自動車引き取り報告書)が発行されるため、こちらも同じく持参する必要があります。

また、事情により一時的に軽自動車の所有権を放棄したい場合には、一時抹消登録手続きを行います。その際には、軽自動車検査協会に自動車検査証返納届を提出します。

【まとめ】

軽自動車の廃車を業者に依頼した場合は20,000~40,000円程度の費用が必要

軽自動車の廃車を業者に依頼した場合、引取費用・解体費用などで20,000~40,000円程度の費用が必要です。ただし、廃車の条件により、自動車重量税や自賠責保険など、還付金を受け取れる場合もあるため、忘れずに手続きを行うようにしましょう。

なお、廃車手続きの費用を抑えたい場合には、廃車買取業者への依頼もおすすめできます。無料での廃車買取を行っているところも多いため、興味のある場合は問い合わせをしてみましょう。


廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
      廃車買取について詳しくはこちら

廃車買取ならはなまる

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」小売事業部 事業部長。1987年東京都生まれ。小学生から大学生までの間レーシングドライバーを目指し数多くの大会に出場。20代で飲食店経営に携わったのち、野菜配達の仕事に就くも、幼少期からの車への魅力を忘れられず自動車業界へ。中古車査定士の資格を取得し、自動車に関する豊富な知識をもとに、おもに車に起きるトラブルの対処法や車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。