事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

原付の廃車証明書がない?どうすればよいの?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

原付を廃車にしたことを証明する廃車証明書。この証明書はバイクの名義変更に必要です。では廃車証明書をなくしてしまったときは、どうすればいいのでしょうか。

今回は原付の廃車証明書がないときにどうすればいいかを解説します。「廃車証明書が見当たらない」「なくして困っている」という方は必見です。

原付の廃車証明書ってなに?

原付の場合、道路運送車両法によって、永久抹消登録のみが廃車の理由として認められています。[注1]

普通自動車のように一時抹消登録が可能であれば、再登録ができますが、永久抹消登録の場合はできません。永久抹消登録の場合、ナンバープレートを発行されたときに渡される標識交付証明書を役所に返却し、廃車申告書を提出した時に手渡される書類が、廃車証明書です。

廃車証明書には返納した人の住所や氏名、廃車にしたバイクの標識番号や車体番号、車種などが書かれています。

[注1]生駒市 FAQ(よくある質問)(2021–1-17)

原付の廃車証明書は再発行が可能

この記事を読んでいる方は「原付の廃車証明書がない!」と慌てているかもしれません。しかし、原付の廃車証明書は、廃車申告書を申請した自治体の役場に行けば、再発行が可能です。役場のどの課で担当しているかは、自治体によって異なります。以前どこで廃車証明書を交付してもらったか忘れてしまった方は、役場の受付でご確認ください。

廃車証明書の再発行は無料です。ただ必要な書類は自治体によって異なりますので、自治体のホームページを確認するか、電話で問い合わせてから足を運んだほうがいいでしょう。

基本的には身分証明書・印鑑が必要になります。車体番号の拓本や写真を、廃車証明書の再発行を希望する理由を記載した書類が必要になることもあるようです。

なお、所有者以外が手続きを行う際は、委任状あるいは代理人選任届を用意しなければいけません。また、気を付けたいのが自賠責保険用のみに限る場合において、再発行が依頼できる点についてです。再登録のために必要な廃車証明書の再発行はできません。

譲渡などを行うために再登録用の廃車証明書を用意したいのであれば、登録している市区町村に問い合わせる必要があります。

[注2]生駒市 FAQ(よくある質問)|原動機付自転車の「廃車証明書」が必要です。

廃車証明書が必要になる時

廃車証明書をもらった時、「もう乗らないバイクなのになんで証明書が必要なの?」と思った方もいるかもしれません。

廃車証明書は、自賠責保険や任意保険の解約を申し込む時に必要です。廃車申告を行ったからといって、自賠責保険や任意保険の解約をせずにいると、保険料は請求され続けてしまいます。

廃車証明書がないと原付は売れないの?

原付を手放すつもりで、廃車証明書を交付してもらったのに、廃車証明書をなくして困っている方もいるのではないでしょうか。

しかし125cc以下の原付バイクの場合、廃車証明書がなくても売却できる可能性があります。

ただ廃車証明書を求める業者もありますし、廃車証明書があった方がスムーズに売却できる場合も多いです。

名義変更には廃車証明書が必要

廃車にした原付を業者を通さず家族や友人に譲渡する際は、名義変更を行わなければなりません。その時には必ず廃車証明書が必要です。

自治体によっては、廃車証明書に譲渡証明欄がある場合もあります。その際は証明欄の旧所有者のところに住所・氏名を記入のうえ、認印での捺印が必要です。

譲渡証明欄がない場合は、国土交通省のホームページか、自治体のホームページで、「日本産業規格A列5番 第21号様式(譲渡証明書)」をダウンロードしましょう。書類に必要事項を記載し、この書類と廃車証明書を譲渡人へ渡します。

廃車証明書は再発行できる!なくさないように注意しよう

一度廃車証明書をなくしてしまったとしても、無料で再発行してもらえます。なくしてしまった場合は、速やかに自治体の役場で再発行申請を行いましょう。再発行後はなくさないように、大切に保管してください。

今手元に廃車証明書があって、「これは必要なのかな?」と思っている方は、バイクを売却したり譲渡したりして完全に処分するまでは、必ず大切に保管しておきましょう。


この記事を書いた人

「株式会社はなまる」監査役。1975年生まれ。10年近く会計事務所で経理総務全般の経験を積みながら、税理士、行政書士登録。その後、IT系ベンチャー企業のIPOの準備に携わるなど活動。現在はインターネットとクルマの可能性を世の中に伝えたい。家族・食べること・愛車のセレナが大好き。おもに廃車の手続きや税金に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。