事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

新車が廃車になった時の対処法は?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

事故や災害など、思わぬトラブルで新車が廃車になることは少なくありません。ローンもほぼ全額残っているような新車が廃車になったら、どうすればよいのか、想像しただけでもぞっとしますよね。

そんな悪夢が現実になってしまった際の対処法を解説しますので、ぜひお読みください。

新車を廃車にする基準

ピカピカの新車が廃車になるとは考えたくありませんが、誰にでも起こり得ます。

廃車にする基準の1つは「全損」と言われる状態です。修理不可能なほど大破してしまった状態のことをいいます。この場合は廃車以外に選択肢はありません。

全損とまではいかなくとも「修理による大きな経済的損失がある状態」や「修理しても完全には直らない状態」は廃車にした方がよいケースです。これは判断が分かれる部分ですが、廃車にする場合は全損による廃車と同じ取り扱いです。

保険の確認と適用が重要

新車が廃車になったときは、保険の確認をしましょう。保険内容によって経済的な損失が大きく変化します。

自分の保険・特約が適用される範囲を知る

新車購入時には車両保険や新車特約などを任意で付けられます。単独事故や相手に支払い能力がない場合などは、自分の保険・特約を使うしかありません。

特約にはさまざまなものがあります。新車特約、全損超過修理特約、買取時諸費用特約などが代表的です。

自分がどのような保険・特約に入っているか確認し、使えるものはすべて申請しましょう。

相手の保険を確認する

相手に過失がある事故の場合は、相手の対物賠償責任保険から損害を補償してもらえます。対物賠償責任保険では、車への直接被害だけでなく間接被害にも適用されるので、細かい被害を正確に記録しておきましょう。

相手が保険に入っていない可能性もあります。

加入率が低い県では、登録自動車の半数近くが対人・対物といった任意保険に加入されていないという調べもあり、ひとごとではありません。

そのような場合は、自賠責保険だけが適用されます。自賠責保険は対人のみですので、賠償してもらいたい場合は直接請求するしかありません。

任意保険の取り扱い

新車が廃車になってしまっても、任意保険に加入している場合は保険料が発生し続けます。状況に合わせた手続きをしましょう。


すぐに新しい車に乗り換える場合

大きなけがもなく、次の車もすぐに準備できる場合は車両入替をします。車両入替をすれば、今までの契約内容や等級を引き継いだまま、新しい車に乗ることが可能です。

車両入替には、保険会社が定めている条件があるため、適用されるか確認しましょう。適用できない場合は新規契約が必要です。

未定の場合や期間があく場合

また車に乗るかわからない、乗っても何カ月も先になる予定など、先の見通しがはっきりしない場合は、任意保険の中断や解約を行います。

解約には条件はありませんが、等級は失ってしまいます。等級を維持したい場合は、中断がおすすめです。中断では最大で10年間等級を維持できます。

中断には7等級以上が必要であることをはじめ、いくつかの条件がつけられているので確認しましょう。

自動車ローンの取り扱い

ローンで新車を購入している場合、所有者はディーラーか信販会社です。そのような場合は、使用者の判断で廃車にできません。対処方法を知っておきましょう。

所有権を持つ会社に相談する

まずは所有権を持つ会社に状況を伝えて相談します。

  • 保険や特約を使って残りのローンを一括返済する
  • 一括返済が難しい場合はローンの組み換えをする
  • 所有権解除をしてローンの支払いを続ける

保険や特約の内容によって対応はさまざまですが、このような対応が考えられます。

ローンの組み換えは、新しい車を購入して、廃車になった車の残っているローンを、新しい車のローンに組み込む方法です。ローンがまるまる残っていると難しいですが、一部を保険や特約で支払えていて、残債が少ないならこの方法も有用でしょう。

事故や災害などにより、車両を失った場合は、ディーラーや信販会社が所有権解除に応じてくれることがあります。その場合は、廃車手続きや売却を自由に行えるようになるため、売却で得た利益をローン返済に充てることも可能です。

廃車買取業者に査定をしてもらう

ディーラーや信販会社が所有権解除に応じてくれた場合は、ローンが残っている車でも買い取ってもらえることがあります。一部の廃車買取業者に限りますが、利用できそうであれば査定をしてもらいましょう。

全損した廃車でも、パーツとしての価値があれば買取が可能です。

廃車になった新車の処分方法

廃車になった車の処分方法は、新車でも中古車でも同じです。ディーラーに引き渡すか、自動車解体業者や廃車買取業者などに依頼しましょう。

ディーラーに引き渡す

ディーラーで購入した新車は、同じディーラーで引き受けてもらえます。同じメーカーでも、他店で購入した車体は断られることが多いため、同じお店に依頼することをおすすめします。

新車をそのお店で購入する場合は、下取り価格のアップや廃車費用の値引きなど、有利な条件が発生する可能性があります。

すぐに新車を買う予定の場合は検討してみましょう。

業者に依頼する

自動車解体業者や廃車買取業者でも、廃車の引き取りが可能です。

自動車解体業者は、基本的には無料や手数料を支払って車を引き渡します。廃車買取業者では、名前のとおり廃車でも買い取りが可能です。ディーラーでは下取り価格が付かなかった車でも、買い取りできるケースがあります。

いずれもお店によって対応が大きく違うため、注意が必要です。査定や見積りを依頼してから利用しましょう。

【まとめ】

新車が廃車になったときは保険の確認を一番にしよう!

新車を購入する人の多くは保険に加入します。特約をつけることも多いので、廃車になったときはまず確認してください。新車の代金をカバーして、負担なく新しい車を手に入れられることもあります。

車体の処分はディーラーか廃車買取業者がおすすめです。同じディーラーで購入しない場合は、廃車買取業者の方が高く買い取れる可能性があります。ぜひご利用ください。


廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
廃車買取について詳しくはこちら

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」小売事業部 事業部長。1987年東京都生まれ。小学生から大学生までの間レーシングドライバーを目指し数多くの大会に出場。20代で飲食店経営に携わったのち、野菜配達の仕事に就くも、幼少期からの車への魅力を忘れられず自動車業界へ。中古車査定士の資格を取得し、自動車に関する豊富な知識をもとに、おもに車に起きるトラブルの対処法や車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。