事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

自動車の廃車手続きの方法は?必要な書類も解説

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

自動車の廃車手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録という2つの方法があります。これらの事務手続きを運輸支局で行わないと、法律上で廃車したものとは認められず、自動車税が発生し続けてしまうため注意しましょう。

この記事では、自動車の廃車手続きの方法と必要な書類を解説します。

自動車の廃車手続き2つの方法

自動車には一時的に車の使用を停止する「一時抹消登録」と、車体を解体し登録データを完全に削除する「永久抹消登録」の2つの廃車方法があります。

それぞれの手続き方法を解説します。

一時抹消登録に必要な書類と手続きの流れ

一時抹消登録は自動車税の支払いを抑えられるため、車に長期間乗らないときだけでなく、解体するまで時間がかかるときも有効です。

必要書類

一時抹消登録では、下記の書類が必要です。

  1. 自動車検査証
  2. 所有者の印鑑登録証明書(3ヵ月以内のもの)
  3. 所有者の印鑑
  4. ナンバープレート(前後2枚)
  5. OCR申請書(第3号様式の2)[注1]
  6. 自動車税・自動車取得税申告書
  7. 事務手数料350円

なお、4~7は、当日運輸支局で入手します。

また、車検証の住所や氏名などが変更されている時は、変更の経緯がわかる住民票や戸籍謄本が別途必要です。

[注1]国土交通省:OCR申請書各種様式について

手続きの流れ

自動車の一時抹消登録は、管轄の運輸支局で行います。

  1. ナンバープレートを返却し、自動車税申請書に印鑑またはシールをもらう
  2. 窓口で申請書を入手し、必要事項を記載する
  3. 必要書類と申請書、事務手数料を窓口に提出する
  4. 登録識別情報等通知書を受け取る
  5. 税申請窓口で自動車税の還付手続きをする

以上が一時抹消登録の方法です。

一時抹消登録後に解体する方法(解体届出)

一時抹消登録をした後、自動車をスクラップして廃車にする手続きを解体届出といいます。必要書類や手続きの流れを解説します。

必要書類

必要書類は下記のとおりです。

  1. 所有者の印鑑
  2. 登録識別情報等通知書(一時抹消登録証明書)
  3. OCR申請書(第3号様式の3)[注2]
  4. 手数料納付書
  5. 移動報告番号と解体報告日
  6. (使用済自動車引取証明書やリサイクル券に記載されている)
  7. 自動車重量税還付申請書
  8. 口座番号がわかる書類
  9. マイナンバーが分かる書類

5~7は自動車重量税の還付を受ける場合に必要。

[注2]国土交通省:OCR申請書各種様式について

手続きの流れ

次に、陸運支局での手続きを解説します。

  1. 解体業者に依頼し、一時抹消手続き済みの車を解体する
  2. 移動報告番号および解体報告日を確認する
  3. 陸運支局の窓口で、申請書類などを受け取り、必要事項を記載する
  4. 申請書と合わせて書類を提出する

(事務手数料は不要)

  1. 税申請窓口で自動車税と自動車重量税の還付手続きを行う

以上で、解体届出手続きが完了します。

自動車の永久抹消登録に必要な書類と手続きの流れ

永久抹消登録に必要な書類と、手続きの流れを解説します。

必要書類

永久抹消登録では、下記が必要です。

  1. 自動車検査証
  2. 所有者の印鑑登録証明書(3ヵ月以内のもの)
  3. 所有者の印鑑
  4. ナンバープレート(前後2枚)
  5. 解体報告記録日と移動報告番号
  6. (使用済自動車引取証明書やリサイクル券に記載されている)
  7. 手数料納付書
  8. OCR申請書(第3号様式の3)[注3]
  9. 自動車税・自動車取得税申告書
  10. 自動車重量税還付申請書
  11. 口座番号がわかる書類
  12. マイナンバーが分かる書類

6~9は当日陸運支局で入手できます。

[注3]国土交通省:OCR申請書各種様式について

手続きの流れ

永久抹消登録では、先に車体の解体が必要です。

  1. 解体業者に依頼し、車を解体する
  2. ナンバープレート(前後2枚)と、使用済自動車引取証明書を受け取る

(解体報告記録日と移動報告番号が書かれているか確認)

  1. 管轄の陸運支局に赴き、ナンバープレートを返却する
  2. その際、自動車税申請書に印鑑またはシールをもらう
  3. 窓口で申請書類をもらい、必要事項を記載する
  4. 必要書類と申請書を窓口に提出する

(事務手数料は不要)

  1. 税申請窓口で自動車税・自動車重量税の還付手続きをする

以上で永久抹消登録の廃車手続きが完了します。

廃車にかかる費用

永久抹消登録でかかる費用は下記のとおりです。

  • レッカー代:5,000~10,000円(移動距離によってはさらに高額となる)

自動車が動かず解体先まで移動する場合に必要です

  • 解体費用:10,000~20,000円

大小さまざまな業者があるため、依頼先により金額が変動する

  • 印鑑登録証明書発行費用:300円

戸籍謄本などの発行が必要ならさらに費用がかかる

  • 事務手数料:0円

住所変更などが必要なら、別途350円必要

以上のように、永久抹消登録(解体届出の場合も)では、廃車手続きが高額になるケースが多いです。

【まとめ】

レッカー代・解体費用をかけずに廃車したいなら、廃車買取業者に依頼しよう!

以上のように、解体を伴う廃車は、個人で行うとお金も時間もかかってしまいます。

もし、コストをかけずに廃車したいなら、廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。

廃車買取業者なら、レッカー代や解体費用は無料で、破損の激しい車でも0円以上で買い取りできます。

日中しかできない運輸支局での廃車手続きも代行するため、廃車を検討しているときは一度相談してみましょう。


廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
      廃車買取について詳しくはこちら

廃車買取ならはなまる

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」小売事業部 事業部長。1987年東京都生まれ。小学生から大学生までの間レーシングドライバーを目指し数多くの大会に出場。20代で飲食店経営に携わったのち、野菜配達の仕事に就くも、幼少期からの車への魅力を忘れられず自動車業界へ。中古車査定士の資格を取得し、自動車に関する豊富な知識をもとに、おもに車に起きるトラブルの対処法や車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。