事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

ヘッドライトが暗い場合の原因は?解決する方法もご紹介

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

夜道を車で走っているときにヘッドライトが暗くなっていると、見通しが悪くなるだけでなく、事故の危険性も高まります。

ヘッドライトは常に前方を明るく照らしてくれるようにメンテナンスをしておきましょう。今回は、ヘッドライトが暗くなってしまう原因と、そうなってしまったときの解決策について解説していきます。

ヘッドライトが暗くなる代表的な5つの原因

ヘッドライトが暗くなってしまう原因は以下の5つが考えられます。

1. レンズの汚れ

ヘッドライトの明るさの変化でもっとも考えられるのがレンズの汚れです。レンズは紫外線などの影響を受けて黄ばんだり、汚れがひどくなったりすることがあります。さらに反射板が汚れてもヘッドライトが暗くなることがあります。

2. 光軸の狂い

ヘッドライトが暗くなる原因のひとつが「光軸の狂い」です。あまり聞きなじみのない言葉かもしれませんが、光軸とはヘッドライトの向きのことで、ライトにおいてはとても重要な要素です。

この光軸が狂うとしっかりと前方を照らしてくれないため、ドライバーから見てヘッドライトが暗くなったように感じます。光軸の狂いは頻繁に起こるものではありませんが、タイヤ交換などによって車高が変わると光軸も一緒に変わってしまうことがあります。また、ヘッドライトに純正品を使わなかった場合にも光軸が狂うことがあります。

3. ヘッドライトバルブの劣化

ヘッドライトバルブが劣化することによって明るさの変化を感じることもあります。内部のフィラメントの劣化などにより、知らず知らずのうちにヘッドライトが暗くなることがあるのです。

4. 配線の劣化

ヘッドライトが暗くなる別の原因は配線の劣化です。配線が劣化していると、同じ電圧であってもヘッドライトに供給される電流が少なくなってしまいます。そのため中古車などではヘッドライトが暗くなる傾向があります。

5. バッテリーの劣化

ヘッドライトに電力を供給しているのはバッテリーなので、バッテリーの劣化によってもヘッドライトが暗くなることがあります。また、電装品をたくさん装着していると電装品に供給される電力が大きすぎて、ヘッドライトが十分に明るくならないこともあります。バッテリーチェックをしてみて、交換すべきかどうかを検討しましょう。

ヘッドライトが暗くなる原因に合わせた解決法を

ヘッドライトが暗くなる原因は複数あるため、その原因に合わせた解決法を試す必要があります。それぞれの原因に合わせた解決方法について見ていきましょう。

バルブの劣化は新品に交換

ヘッドライトバルブが劣化していることが分かった場合には、ライトやバルブの交換をすることで明るさを取り戻せます。特にこれまで主流だったハロゲンライトにとって代わるHIDバルブを取り付けることで、より明るく、より長寿命にすることができるでしょう。ハロゲンライトが約700時間の寿命なのに対し、HIDバルブの寿命は最大で2,000時間といわれています。ただし、バルブは徐々に光量が減少していくので注意が必要です。

レンズを磨く

もし、レンズが曇っていたり、反射板が汚れていたりする場合には、レンズを磨くことでヘッドライトが明るくなる可能性が高いです。レンズの表面の汚れに注意が向きがちですが、実は内部もかなり汚れています。レンズを外すのは難しいので、棒に布を巻きつけてバルブを抜いた穴から届くところを掃除してあげるとよいかもしれません。これだけでもかなりきれいになります。

ヘッドライトが暗い場合には早めの対処を

ヘッドライトが暗いと感じた場合、できるだけ早く対処することが重要です。何の対策もせずに自然にヘッドライトが明るくなることはまずありません。

そのままにしておくと、事故を起こす危険性が高まったり、光量不足で車検に通らなかったりと多くの問題が生じます。ヘッドライトを日常的に点検して、不備があればできるだけ早く解決するようにしましょう。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。