事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

廃車にするときに車内のゴミはどうしたらよいのか

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

大切に乗ってきた車でも、突然の事故や予期せぬ災害などで廃車にせざるを得ないケースは少なくありません。そんなとき、ついでだからとゴミを詰め込んで廃車に出そうと考える人もいるでしょう。反対に、「車内の掃除はしなくてもいいの?」と不安に思う人もいるかもしれません。

この記事では、廃車にするときに引き取ってもらえるゴミと引き取ってもらえないゴミ、廃車にする前に掃除をしたほうがよい理由について紹介します。

車と無関係のゴミを詰め込むのはマナー違反

紙くずが1つ2つ落ちている、ペットボトルが1本置いてあるといった程度であれば、そのまま引き取ってもらえるかもしれません。

しかし、自宅で不要になった家具やスプレー缶、生ごみなど、明らかに車と関係のないゴミをたくさん積んで廃車に出すのはマナー違反です。場合によっては違法となるケースや、別途そのゴミの処分料金を業者から請求されるケースもあります。

廃車や車のリサイクルが初めての人は、「廃車=スクラップにする」というイメージを持っているかもしれません。しかし引取業者は、スクラップにする前に使えるパーツを取り外してリサイクルしたり、アルミや鉄などの資源を分けるために布やプラスチック部分を外したりといった処理を行います。
したがって車に関係のないゴミが多くあると、通常の処理以外の作業が発生してしまうのです。

一緒に引き取ってもらえる主な3つのもの

では、どのようなものであれば車と一緒に引き取ってくれるのでしょうか。以下にその主な例を挙げます。

・カーナビ、カーオーディオ、ETC関連機器
・スタッドレスタイヤ、スペアタイヤ
・アルミホイール

上記のように車と関係のある品物であれば、通常の処理の範囲内で引き取ってもらえるケースが多くあります。

業者によってはこれら以外にも引き取りが可能なものがあるかもしれません。廃車に出す際に、引取可能なものを確認してみましょう。

貴重品が残っていることも!廃車の前には掃除をしつつ確認しましょう

ゴミはなくても、「どうせ廃車だ」と掃除をせずに引き取りに出す人も少なくありません。しかし、思わぬ貴重品が残されたままになっていることもあります。

特に次のような場所にある貴重品は見落としがちです。車を引き取ってもらう前に、もう一度確認しておきましょう。

グローブボックス

車検証以外にも、さまざまなものを入れてしまいがちなのがグローブボックスです。お気に入りのサングラスやCD・DVD、運転の際に邪魔になるからと外した指輪などが入ったままになっていることがあります。
特に小さいものは隅に入り込んでしまい、ぱっと見ただけでは見つからないことも多いです。

また、グローブボックスの中など目立たない場所にETC車載器がある場合、ETCカードを挿しっぱなしのまま忘れてしまうケースもあります。

シート・マットの下

駐車場やドライブスルーなどで料金を支払うとき、うっかり小銭を車内に落としてしまうことがあります。落とした直後は「後で探そう」と思っても、車を降りるまでに忘れてしまいがちです。

小銭のほかにも、カード類や子どもが落とした小さなおもちゃなどもシートの下に入り込んで忘れられている可能性があります。
念のため、マットも剥がして確認しておくと安心です。

トランクルーム(荷室)

トランクルームの床の下に、さらに収納スペースがある車もあります。工具を入れている人が多いですが、キャンプ用品などを入れている場合もあるでしょう。

貴重品でなくても、買い直せばそれなりの出費が発生する品物です。取り出すのを忘れないようにしましょう。

そのほかの小物入れ

ちょっとした小物を収納しておけるように、さまざまな場所に小物入れを装備している車も増えてきています。運転席まわりにはスマホや財布を入れるのに適した収納があったり、ルームミラーの近くにはサングラスを入れるスペースがあったりといった具合です。これらの小物入れについても、くまなくチェックすることをおすすめします。

また、ドリンクホルダーの底に小銭や指輪などが入っていることも考えられます。「こんな場所には入ってないだろう」という思い込みは持たずに、すべてチェックしましょう。

大切に乗ってきた車はきれいな状態でお別れを

今までいろいろな場所に連れて行ってくれた愛車を廃車にするのは、淋しい出来事です。だからこそ、できるだけきれいにしてお別れしたいですね。

たとえ感傷がなくても、廃車は単なる粗大ゴミではなく、リサイクルできる立派な資源です。余計なゴミを取り除いて引き取りに出すようにしましょう。

この記事を書いた人

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。