事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車の下取りと買取ってどう違うの?しっかり理解しお得に車を買い替えよう

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車の買い替えを考えたとき、今乗っている車は「下取りに出す」か「買取に出す」という、二つの選択肢を思い浮かべますよね。
下取りと買取は両方とも『車を売却する』という意味では同じであるため、どちらを選択すべきなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、車の下取りと買取の違いやそれぞれのメリット・デメリット、買い替えるときのポイントについて詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしていただき、納得のいく方法を選択してください。

「下取り」「買取」とは?

下取りと買取は混同されやすいですが、実は全く違います。
車の状態やご自身の状況、希望により最適な方法も変わります。
まずは、それぞれの特徴を説明していきましょう。

下取りとは

下取りは、新しく車を購入する際に、今乗っている車をディーラーへ売却して新しく購入する車の代金に充てる方法です。
新しい車を購入することを前提としていて、その車の購入代金の一部に割り当てられるため、売却しても手元にお金は残りません。
下取りの価格は車種や年式ごとにディーラー基準があり、加えて傷の有無や走行距離などを元に算出されます。
自分が欲しい車が新車なのか中古車なのか、またどのメーカーの車なのかによって下取り先が変わりますので、下取りを行うにはまず購入する車を決めましょう。

買取とは

買取とは、中古車販売店や買取業者など買取を専門としている業者へ今乗っている車を売却する方法です。
下取りと違い、新しい車を購入するか否かにかかわらず、いつでも車を売却して現金化することができます。
買取金額は、車種や年式はもちろんのこと、相場や車の状態・オプションやパーツまで査定を行い、総合的に鑑みて算出されます。
これは、買取業者が商品として車を買取り、店舗やオークション等で売却する業態であるためです。
一つのパーツだけでも売却することができるため、隅々まで査定をします。

下取りと買取の違いは?

下取りと買取は、今まで乗っていた車を売却する際に新しい車を購入するかどうかが違うということと、買い取ってもらう業者が違うということはご理解いただけましたよね。
下取りをするディーラーと買取をする専門業者では、それぞれ買い取りたいと思っている車種や査定基準に違いがあり、それが査定額に大きく影響します。
ここからは、それぞれのメリット・デメリットをご説明します。

下取りのメリット・デメリット

【メリット】

特筆すべき最大のメリットは“手間がかからない”ということでしょう。
今乗っている車の売却と新しい車の購入、すべての流れを同じ場所で一本化できるため、無駄な手間が省けるのです。また、新しい車が納車されるまで、今までの車に乗り続けることができます。
下取りのメリットは、とにかく忙しくてお店に何度も行けないという方や、1日でも車のない生活は不便だという生活スタイルの方にはピッタリです。

【デメリット】

買取と比べて査定額が低くなる可能性があることがデメリットでしょう。
もし、買取業者で高い査定額が出たとしても、下取りをするディーラーがその金額に合わせてくれることはないと思った方が賢明です。
下取りはあくまでもディーラーの基準に則って査定されるため、人気の車種であることや追加オプションが査定額に反映されることはあまりありません。裏を返せば、不人気であろうと古い車であろうと一定の基準が定められていることにより値段は付けられます。
ただ、古くなった車や過走行車、事故車や被災車は、下取りの場合逆に手数料を取られてしまうこともあるので注意が必要です!
また、売却金額は新しい車の購入費用の支払いに割り当てられるため、現金化することができません。

買取のメリット・デメリット

【メリット】

買取のメリットは、なんといっても“高く売れる”ということでしょう。
基本的に買取の場合、中古車の相場が反映される性質がありますので、相場が高ければ比例して買取価格がUPします。
さらに、その車の人気度やナビ・ドライブレコーダーを含む装備品、一つ一つのパーツまで細かく査定されるため、さらに金額が上がる可能性も高いです。
また、下取りのように1店舗だけの査定ではなく、複数の見積もりを取り、比較した上でご自身が納得できる業者へ売却することができます。
中古車販売店が買い取れない車は、中古車に限定せずに買い取いを行っている業者を利用することをおすすめします。
買取は、より高く売却し現金を手にしたいという方におススメの方法です。

【デメリット】

売却するタイミングの見極めの難しさと言えるでしょう。
相場変動が起こりやすく、価値が下がったタイミングで売却してしまうと、査定額が一気に低くなる可能性があるのです。
たとえば、その車のフルモデルチェンジが発表されると、中古車市場では旧モデルの需要が低くなるため、買取価格も下がってしまうのです。
また、低年式車や過走行車を中古車販売店へ持ち込むとあまりいい金額は付きませんので、買取業者に査定依頼するなど、業者の見極めが必要になることもあります。
さらに、今の車を売却するタイミングと新しい車の納車のタイミングを見誤ると、車を所持していない期間が生じる可能性もあります。

どっちがお得?

ここまでの説明の通り、それぞれにメリットとデメリットがありますので、一概にどちらがお得と言うことは難しいです。
ただ、車を手放す時の状況により、どちらが適しているかは判断できます。

下取りがお得な方

新しい車の購入を考えている方には下取りがいいでしょう。
今まで乗っていた車を一定の基準で下取り価格を付けてもらえ、売却と購入を一連の流れで完了できるという、決して小さくないメリットがあります。
時間と労力を節約したい場合は下取りを選択しましょう。

買取がお得な方

今乗っている車を売却することを第一に考えていて、特に新しい車の購入予定がない方には買取がおすすめです。
車の状態によって複数の買取業者から査定額を出してもらうことができますので、すべての査定結果から自分の納得できる業者を選ぶことができます。
とにかく高く車を売却したい場合は買取を選択しましょう

車を売却する時に必要なもの

下取りもしくは買取、どちらの方法で車を売却するにしても、準備が必要な書類が多くあります。
車を手放すことが決まった時点で準備しておくとスムーズに手続きを進めることができますので、前もってしっかりと確認しておきましょう。

必要な書類

*自動車検査証
*自賠責保険証明書
*印鑑登録証明書(軽自動車の場合は不要)
 ※有効期限は発行日から3か月のため発行時期に注意
*実印(軽自動車の場合は不要)

手元にあれば一緒に提出する書類

*自動車税納税証明書(軽自動車の場合は軽自動車税納税証明書)
*リサイクル券

記述した通り、乗っている車が普通車か軽自動車かによって必要書類に違いがあります。
また、上記以外にも買取先の業者から押印が必要な書類を渡される場合もあります。
自動車検査証と自賠責保険証明書は紛失している場合、それぞれ管轄の陸運支局、加入している保険会社で再発行できますが、少し時間がかかる場合もありますので早めに手続きを行うことをおすすめします。

まとめ

車の買い替え時の選択肢として挙げられる「下取り」と「買取」について、それぞれの違いやメリット・デメリットはご理解いただけたと思います。
大切な愛車を手放す際には、どちらが自分の希望に適した方法であるか、しっかりと見極めて選択し、手放す際には事前に準備をし、スムーズな取引にしましょう。

この記事を書いた人

一般事務として、廃車の手続きに関するノウハウを学ぶ。 おもに、廃車の種類や必要な書類など、廃車に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。