事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

4ナンバーとは?自動車の3ナンバーと5ナンバーとの違い

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

自動車のナンバープレートには、さまざまな情報が記載されています。
数字や記号などを用いて、自動車の用途や重量といった情報を表示しているのです。
ナンバープレートの右上に記載されている分類番号も、重要な情報のひとつです。
「4ナンバー」や「5ナンバー」などという名称は、この分類番号の一番左側に書かれた数字をもとに呼ばれています。
この分類番号は細かく分けられているため、よく理解できないという人も多いでしょう。
そこでこの記事では、分類番号のなかでも「4ナンバー」の概要や、「3ナンバー」や「5ナンバー」との違いについて解説します。

4ナンバーとは軽トラックなどに付けられるナンバー

4ナンバー車とは、分類番号の一番左側に書かれた数字が「4」である自動車のことです。
分類番号は地域名の隣に書かれており、たとえば、分類番号が「411」や「478」である場合、その自動車は4ナンバー車といえます。
4ナンバーは、軽トラックや小型の貨物車などに付けられるのが一般的です。
4ナンバーを付けるためには、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 長さ:4.7m以下
  • 幅:1.7m以下
  • 高さ:2.0m以下
  • 排気量:2,000cc以下
  • 荷物を載せる部分の床面積:1.0㎡以上

そのほか、いくつかの条件を満たした自動車が4ナンバーを付けられるのです。

4ナンバーに該当しない自動車も、排気量や重量によって以下のように分類されます。

  • 1ナンバー:普通貨物自動車(大型トラックなど)
  • 2ナンバー:普通乗合自動車(バスなど)
  • 3ナンバー:普通乗用自動車
  • 4ナンバー:小型貨物自動車(軽トラックなど)
  • 5ナンバー:小型乗用自動車
  • 6ナンバー:小型貨物自動車(4ナンバーが埋まった場合に使用される)
  • 7ナンバー:小型乗用自動車・小型乗合自動車(5ナンバーが埋まった場合に使用される)
  • 8ナンバー:特殊用途自動車(パトカーなど)
  • 9ナンバー:大型特殊自動車(フォークリフトなど)
  • 0ナンバー:建設機械である大型特殊自動車(クレーン車など)

この番号は、自動車の用途や排気量などによって決まっているため、基本的にナンバー登録時から変更されることはありません。
ただし、ほかの分類番号の条件を満たす場合は、変更することも可能です。

5ナンバーは小型乗用自動車に付けられるナンバー

5ナンバーは、小型乗用自動車に付けられるナンバーです。
ただし、軽自動車に限定されているわけではありません。
普通自動車でも以下のような条件をすべて満たす場合は、5ナンバーに分類されます。

  • 長さ:4.7m以下
  • 幅:1.7m以下
  • 高さ:2.0m以下
  • 排気量:2,000cc以下

これらの数値基準は4ナンバーと似ていますが、5ナンバー車には荷物を載せるスペースなどがありません。
一般的に利用されている軽自動車や普通自動車の多くは、5ナンバー車に該当するといえるでしょう。

3ナンバーは普通乗用自動車に付けられるナンバー

3ナンバーは、前述の小型乗用自動車に該当しない自動車に付けられるナンバーです。
排気量が大きいスポーツカーや大きな車体のミニバンなどは、3ナンバー車に分類されます。
有名な高級車やスポーツカーなどは3ナンバーに該当することが多く、車好きの人にとっては憧れのナンバーともいえるでしょう。

ただし、3ナンバーの自動車は、維持費が高くなるのが一般的です。
4ナンバーや5ナンバーの自動車と比較すると、排気量によって金額が決まる自動車税や、重量によって金額が決まる自動車重量税は高くなるでしょう。

自動車税は4ナンバーのほうが安い

4ナンバーの自動車税は、最大積載量によって以下のように決められています。

  • 1t以下:8,000円
  • 1〜2t:11,500円
  • 2〜3t:16,000円
  • 3〜4t:20,500円
  • 4〜5t:25,500円

最大積載量が5t以上の場合も、1tごとに税金は増えていきます。
一方で、3ナンバーや5ナンバーの自動車税は、以下のように総排気量によって決められています。

  • 1L以下:29,500円
  • 1〜1.5L:34,500円
  • 1.5〜2L:39,500円
  • 2〜2.5L:45,000円
  • 2.5〜3L:51,000円

[注1]

3Lを超える場合も、総排気量が増えるごとに税金は増えていきます。
4ナンバーの自動車とそれ以外とでは税金の基準が異なるため、単純比較はできません。
ただ、一般的には、4ナンバー車のほうが自動車税は安くなるといえるでしょう。

[注1]国土交通省:自動車税

https://www.mlit.go.jp/jidosha/topbar/zei/jizei/jizei.htm

4ナンバーにするかどうかは総合的に考えて判断しよう!

今回は、4ナンバー車の概要や、3ナンバーや5ナンバーとの違いについて解説しました。
4ナンバー車には、一般的に自動車税が安いというメリットがあるため、5ナンバー車を4ナンバー車に改造しようと考える人もいます。
ただ、4ナンバー車は車検を1年ごとに受けなければならないというデメリットもあるため、維持費が増える可能性もあります。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。