事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

あなたはいくつ知っている?様々な警告灯の意味

メーターパネル
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車の異常を知らせてくれる警告灯。
あなたはその意味を正しく理解できていますか?
今回は5つの警告灯について詳しくご紹介します。

メーターパネルの警告灯

車のメーターパネルは、ドライバーにとってとても大切なメッセージボードのような役割を果たしています。
運転中に走行速度を確認する際、日々何気なく目にしていますよね。
速度以外にも、メーターパネルの警告灯は車輌の故障や異常を知らせてくれます。
黄色または橙色のランプはドライバーや同乗者の不注意で点灯している場合が多く、赤色のランプは緊急の対処が必要な状況と色分けされています。
すぐに自分で直せる場合もあれば、時にはすぐさま助けを呼ばなければならない場合もあります。
安全な場所に車輌を止めて、迅速に状況を確認し、必要に応じて点検に来てもらうようにしましょう。

警告灯の種類

シートベルト警告灯

普段運転する際に見かける可能性が高いものは、シートベルト警告灯です。
これは、エンジンがかかっている状態で運転席のシートベルトを着用していないと警告音とともに赤く点灯します。
シートベルトの着用は道路交通法で義務化されており、シートベルトを着用せずに万が一事故を起こしたら、重篤なケガにつながる恐れがあります。
警告灯が点灯しないよう必ずシートベルトは着用しましょう。

半ドア警告灯

シートベルト警告灯と同様に、半ドア警告灯も服の挟まり等できちんとドアが閉まっていない時に警告音と同時にランプが赤く点灯し、警告音と警告灯で知らせます。
半ドアのまま走行すると、軽い衝撃でもドアが開いてしまう危険性があるため非常に危険です。
全てのドアを開け閉めして確認する場面はよく見受けられますが、その際も安全な場所で車輌が止まった状態でチェック作業を行いましょう。

ブレーキ警告灯

ブレーキ警告灯とは、サイドブレーキの作動状態、ブレーキオイル不足、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の異常を示すものです。
この警告灯が点灯した場合、重大な事故につながる可能性があるので直ちに走行を中止してください。

エンジン警告灯

エンジン警告灯は、エンジンに異常があることを知らせる警告灯です。
センサー異常が原因となり点灯する場合や、電気系統の故障で点灯する場合など、その理由はさまざまです。
エンジン警告灯についてはこちらの記事でさらに詳しくご紹介しています↓
エンジン警告灯が点灯する原因と対処法

燃料残量警告灯

燃料残量警告灯は、ガソリンの残量を知らせる警告灯です。
ドライバーなら一度は「あ!ガソリンが少ない!」と気づいて焦った経験があるのではないでしょうか。
それと同時に「あと何キロ走れるか」という疑問も浮かぶのではないかと思います。

燃料残量警告灯が点灯!気になる走行距離

実は、燃料残量警告灯が点灯してから約50kmは走ることができると言われています。
その理由は、高速道路においてガソリンスタンドのあるサービスエリアが大体50㎞ごとに設置されているからという説が一番濃厚です。
しかしこの基準は昔の道路状況に基づいて言われていることであり、車種や出すスピードによって50km未満でガス欠になってしまうことも今は大いに考えられます。

ガス欠かも?そんなときは…

豆知識ですが、ガス欠の疑いがある時は、車体を小刻みに揺らしてみると少し走りやすくなる場合があります。
実はガソリンの残りがゼロになったのではなく、ガソリンタンクの底面にガソリンがかたよって溜まっていることがあるのです。
ボディを少し揺らして溜まったガソリンをポンプに誘導するという裏技ですが、ほんの少しのガソリン残量なので、これで次のガソリンスタンドにたどり着けるとも限りません。

日々の点検を怠らないように気を付けよう

上記の4つ以外にも様々な警告灯が存在します。
その多くは直ちに運転を中止する必要があるという警告です。
しかし、警告が点灯し状況確認のために停車しようとしても、すぐに駐車可能な場所を探すのは難しいです。
最悪の事態を招かないように、日々愛車の点検を行い、こまめに給油をするようにしましょう。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。