事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

廃車するときの委任状ってどう書けばいい?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

廃車に関係した手続きにおいて、委任状が必要になるケースがあります。委任状は、ただなんとなく用意すればよいというものではなく、必要な事項を抑えて書く必要があります。委任状としての効果をしっかりと発揮させるために、正しい委任状の書き方について、ご紹介していきます。

委任状は代理人の申請を可能にするために必要

委任状とは、代理人の申請を可能にするために必要な書類です。当事者が申請を直接行うことができない場合に、委任状を書くことで、指定した代理人に権限を委任することができます。廃車手続きには、一時抹消と永久抹消があり、それぞれの廃車手続き専用の委任状が必要となります。軽自動車を処分する場合には、代わりに申請依頼書というものが必要です。

一時抹消とは一時的に車籍を抹消すること

一時抹消登録とは、一時的に車籍を抹消するために必要な手続きです。車検の更新や税金を停止することができるため、長期の病気や怪我で運転できない場合などに、活用することができます。

永久抹消する場合の委任状の手続き

永久抹消登録とは、完全に車籍を抹消する手続きであり、公道を走ることができなくなります。廃車を行う際には、この永久抹消が必要なケースがほとんどです。永久抹消する場合には、その前に車の解体を完了させておく必要があります。解体業者から届いた移動報告番号と解体報告記録が行われた日を、しっかりと取っておきましょう。

委任状は自宅でもダウンロード可能

委任状は、運輸支局や陸運局など、手続きを行う場所で受け取ることができます。しかし、実は委任状には決まった形式はないため、作成する方法自体は、自由になっています。業者からもらったものを利用することもできますが、安心なのは国土交通省のホームページから、ダウンロードできる委任状です。一時抹消時に使う委任状と永久抹消時に使う委任状では、形式が異なりますので、注意してダウンロードしましょう。業者が作る委任状の形式によっては、必要な項目が抜けており、実際に委任状としての効力を発揮しないという場合もあるため、注意が必要です。

用途に合わせた委任状を国土交通省のホームページからダウンロードすれば、必要事項が抜けているという心配はありません。軽自動車や軽2輪車の場合には、申請依頼書という用紙が必要です。

委任状を書くときに抑えておきたいポイント

では、委任状を書くときに、どのようなポイントを意識しておく必要があるのでしょうか?大きく分けて、重要なことが2つあります。1つ目に、車の所有者と代理で作業を行う人、両方の直筆サインが必要になるということです。そして、もう1つは委任状以外の書類を、事前に揃えておく必要があるということです。

所有者と代理人両者のサインが必要

委任状には委任者、つまり車を所有している人と、代理人の両者のサイン・捺印が必要です。自分が所有者になっている場合は、自分ですべて委任状を作成できますが、ローンが残っている場合などは、ディーラーや金融機関が所有者になっていることもあります。所有者に書類を作成してもらわなければ、正式な委任状としての効力を発揮しないので、車検証などを見て、所有者が誰になっているかきちんと確認しましょう。また、委任状には受任者、つまり代理で手続きを行う人の氏名や住所などの記載も必要です。

委任状の記入方法

委任状を記入する際は、黒のボールペンなど消えないもので書く必要があります。鉛筆やシャープペンなどでは、効力を発揮しませんので要注意です。また、修正液や修正テープなどは使用できないため、注意して記入していきましょう。

ほとんどは委任者が記入

委任状のほとんどは、委任者、つまり車の所有者が書くことになるのです。受任者、つまり代理人が書く部分は、氏名と住所の枠のみです。

軽自動車の廃車委任なら実印は不要

普通車・軽自動車ともに廃車手続きを行う際には押印が必要ですが、軽自動車の手続きに使用する申請依頼書への押印は認印でよいとされています。しかし、普通車の場合は委任状に実印の押印が必要となりますので注意しましょう。

ルールをおさえてスムーズな廃車手続きを

一見複雑そうに思える廃車手続きや廃車に必要な委任状の記入ですが、ルールとしては意外とシンプルなものばかりです。印鑑証明書を用意し、記入漏れやミスがないように注意しながら記入すれば、誰でも委任状は作成することができます。正しい方法で、必要事項を押さえた委任状を作らなければ効力を発揮しないため、準備を始める前に、正しいルールを知っておくことが大切です。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。