事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

廃車にする場合、ガソリンはどうすればよいのか

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車を買い替えたり処分したりするときには、古い車は業者やディーラーに買取や廃車の依頼をすることになります。廃車にする場合、ガソリンは抜かれて解体されることになるため、廃車予定の車にガソリンが残っているともったいないことになってしまいます。そうとはいえ、自分で勝手にガソリンを抜いたり、別の車に移し替えたりしてもよいものなのか迷ってしまうでしょう。

ここでは、廃車する予定の車にガソリンが残っている場合の取り扱い方について説明をしています。ガソリンを入れたまま業者に持って行くべきか、移し替えてもよいのかなど、廃車とガソリンに関連する疑問を解決します。

廃車にするときにガソリンはどうするのが正解?

廃車する予定の車に残っているガソリンの取り扱いについては、法律で定められてはいません。満タンの状態で業者に持って行ってもよいですし、空っぽにしてレッカー車で運んでもらってもOKです。

しかし、レッカー移動の費用が別に必要である場合や、業者からの指定がある場合は、ガソリンの残量を確認したほうが廃車にする費用を抑えられることがあります。

レッカー代を節約するためにできることがある

廃車にする車はディーラーや廃車買取業を行っている業者に引き渡して、廃車処理をしてもらうことになります。

レッカー移動にかかる費用は、依頼する業者によって異なります。なかでも、廃車買取業者であれば、無料でレッカー移動を依頼できるケースがあります。

少しでも廃車費用を安くしたいのであれば、廃車買取業者への依頼がおすすめです。

業者からの指定がある場合は従う

廃車買取を行う業者によっては、ガソリンをできるだけ減らしてから持ち込むようにといった指定がある場合があります。そのような業者に依頼する際には、ガソリンをできる限り使ってから乗り入れるようにしましょう。

ガソリンが入ったままだと引き取ってもらえなかったり、ガソリンを抜くための費用を別途請求されることもあります。

ガソリンの残量で車の買取額は変わらない

廃車買取をしてもらう場合、ガソリンが満タンでもほぼ空っぽでも、車の査定額にはまったく影響しません。これはディーラーでも廃車買取業者でも同じです。

わざわざ満タンにして買い取ってもらうメリットは1つもないので、廃車する予定の車にガソリンを入れる場合は必要最低限にするのがおすすめです。

廃車予定の車に残っているガソリンを抜くには専門の資格が必要

廃車にするつもりだったのに、いつもの癖でガソリンを満タンにしてしまうということがあります。前述したように、ガソリンが残ったままでも廃車にすることはできますが、もったいないのでできれば抜き取りたいところです。

しかしガソリンを抜くには「危険物取扱者」の資格が必要です。ガソリンは引火しやすく非常に危険なため、その取扱が消防法によって定められており、違反した場合は罰則が科せられてしまいます。

廃車予定の車からガソリンを自分で抜きたい場合は、この資格を持つ人に依頼しましょう。

業者が無料でガソリンを抜いてくれる場合もある

廃車買取を依頼する業者のなかには、ガソリンの抜き取り作業を行ってくれるところが多くあるので、ガソリンを抜く必要がある場合は、そういった業者を選んでください。

ただし、ガソリンの抜き取り作業は業者によって有料の場合と無料の場合があります。少しでも廃車費用を抑えたい場合は、ガソリンの抜き取りが無料の業者に依頼するとよいでしょう。

【まとめ】廃車予定の車に残っているガソリンは専門業者に抜き取りを依頼する

廃車する予定の車に残っているガソリンは、そのままの状態で業者やディーラーに持ち込んでも基本的には問題ありません。ほぼ空っぽの状態でももちろんOKなので、ガソリンの無駄を減らしたい場合は少量だけ残して専門の業者に抜き取りをお願いしましょう 。

ガソリンを抜き取った車を移動させるには、レッカーを活用する必要がありますが、この際にはレッカー代が発生してしまいます。少しでもレッカー代を抑えるには、廃車買取業者への依頼を検討してみましょう。廃車買取業者のなかには、無料でレッカー移動に対応している業者もあるため、レッカー代を抑えるためには、このような業者に依頼しましょう。

廃車のためにガソリンを抜き取り、処分する場合は必ず専門の業者に依頼をしましょう。

この記事を書いた人

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。