事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

普通自動車の廃車の手続きの仕方をわかりやすくご紹介!

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

お持ちの車が古くなったり、ライフステージの変化でもう乗らなくなったりした場合にご自身で手続きを行おうと思っても、手続きにはどんな種類があるのか、どんな書類が必要なのかという基本的なことが分からないという方もいらっしゃるでしょう。
今回は、普通自動車の手続きの中でも、廃車に関する基本的な知識から手続きの仕方までわかりやすくご紹介します。

そもそも廃車ってなに?

廃車とは、「車籍を抹消すること」を指します。車籍を抹消すると、公道を走ることができなくなり、自動車税の支払いをストップすることができます。
長期間乗らずに放置している状態や車を解体しただけの状態では、車籍を抹消したことにはならず、自動車税は支払い続けなければなりません。
このような状態の車をお持ちの方は、正しく手続きを済ませて、不要な出費も防ぎましょう。

廃車の手続きの種類について

一般的に廃車の手続きには「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の二種類の方法があります。それぞれの違いやシチュエーションごとに選ぶべき手続きの種類について見ていきましょう。

永久抹消登録とは

永久抹消登録とは、二度とその車に乗らないことを前提に、完全に車籍を抹消することです。そのため車を解体することが条件になります。
もう乗らないことが確定している車をお持ちの方は、この永久抹消登録を選ぶとよいでしょう。

一時抹消登録とは

一時抹消登録とは、現在は事情により乗っていませんが、将来的にもう一度その車に乗る場合に、一時的に車籍を抹消することです。
自動車税の支払いをストップすることができるため、長期間海外に滞在される方や出張へ行く方、盗難被害に遭った方は、この一時抹消登録を選ぶとよいでしょう。
また、一時抹消登録をしているあいだは、公道を走ることができませんが、中古車新規登録をおこなえば、再び公道を走ることができます。

自分で手続きを行う場合

次に、実際に自分で手続きを行う場合の流れについて見ていきましょう。

永久抹消登録の手続きの仕方

1,車を解体する

永久抹消登録を行う場合は、前述のように車を解体することが条件になるので、まずは解体業者を選びましょう。
業者を選ぶ際は、必ず自動車解体の認可を得ている業者に依頼することが重要です。無認可の業者に依頼して、不法投棄などのトラブルが発生した場合、所有者が責任を問われる可能性もあるので十分に気をつけましょう。

また、ここで注意しておきたいのが、ナンバープレートの取り外しです。後の手続きで必要となってくるので、あらかじめ自分で取り外してから解体を依頼するか、業者に外してもらい、なくさずに保管しておきましょう。

2,運輸支局へ必要書類を提出する

車の解体が終わったら、必ず15日以内に管轄の運輸支局へ行き、永久抹消登録の手続きを行いましょう。

自分で用意が必要となるものは以下になります。
・車検証(原本)
・ナンバープレート(前後2枚)
・所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内の原本)
・所有者の実印(印鑑証明書と同じ印影のもの)
・身分証明書
・移動報告番号(リサイクル券に記載)
・解体報告記録日(解体された日付がわかればメモでも可)

運輸支局で用意が必要となるものは以下になります。
・手数料納付書
・OCR第3号様式の3
・自動車税・自動車所得税申告書(地域によって不要)

必要なものを揃えたら、運輸支局の窓口にて手続きの説明があるので、指示に従いましょう。

一時抹消登録の手続きの仕方

1,運輸支局へ必要書類を提出する

一時抹消登録も永久抹消登録と同様に、管轄の運輸支局で行います。
一時抹消登録では、車の解体は不要なので、必要書類を用意したら運輸支局へ向かいましょう。

自分で用意が必要となるものは以下になります。
・車検証(原本)
・ナンバープレート(前後2枚)
・所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内の原本)
・所有者の実印(印鑑証明書と同じ印影のもの)
・身分証明書

運輸支局で用意が必要となるものは以下になります。
・手数料納付書(手数料分の印紙を購入し貼付)
・OCR第3号様式の3

一時抹消登録でもナンバープレートの返却が必要です。忘れずに書類や実印と一緒に持っていきましょう。
手続きが完了すると、登録識別情報等通知書が交付されます。一時抹消登録が完了した証明書になるので大切に保管しておきましょう。

住所や氏名に変更がある場合は?

車検証に記載されている所有者の住所が、用意した印鑑証明書の住所と異なる場合は、別途書類が必要となってきます。
引っ越しが1回であれば「住民票」、2回以上であれば「戸籍の附票」を用意しましょう。
また、氏名が異なる場合は「戸籍謄本」の提出も必要ですので注意しましょう。

運輸支局での注意点を知っておこう!

運輸支局へ行く際に注意しておきたいのは、受付が平日の日中しか開いていないということです。また、時期や時間帯にもよりますが、かなり混雑している場合もあります。
せっかく休みをとって足を運んだものの受付できない…なんてことにならないように、余裕をもって運輸支局へ向かいましょう。
また、管轄の運輸支局の情報は国土交通省のHPで確認できるので、事前にチェックしておきましょう。

国土交通省:全国運輸支局等のご案内 https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000034.html

手続きを代行してもらう場合

ここまで、自分で手続きを行う場合の流れや注意点を説明しましたが、平日に時間がとれないなどで自分で手続きができない場合には行政書士や車買取業者に代行してもらうことも可能です。

行政書士に代行してもらう

さまざまな書類の作成や申請を代理で行なってくれる行政書士ですが、車の手続きも依頼できます。
手数料として、費用がかかってしまいますが、時間や手間を省きたい方は、行政書士に手続きを代行してもらうこともおすすめです。

車買取業者に車の買取と手続きを代行してもらう

不要となった車を買い取ってくれる車買取業者にご自身の車を売却し手続きを代行してもらうことも可能です。
車買取業者の中には、無料で手続きを行なってくれる業者も多いので、ぜひ検討してみましょう。

普通車の廃車の手続きをする際は余裕を持って準備しよう

普通車の手続きには、状況に合わせて種類があり、必要書類も変わってきます。
また、運輸支局の受付も平日に限られており、手続きが完了するまでに時間もかかるので、余裕を持って大切な愛車の手続きをしましょう。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。