事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

車の走行距離を確認するべき理由と、買い替えの目安

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車の買い替えのタイミングを考えるなら、「走行距離」を目安にするのがおすすめです。
中古車市場では、車の現状と走行距離によっておおよその査定額が決まります。日本車は非常に頑丈で、丁寧にメンテナンスすれば何十年も乗りつづけられるものの、ある程度の期間で売却して次の車へ買い替えれば、車を売ったお金を次の車の購入資金に回せるのでおすすめです。

また、3年から5年のスパンで車を買い換え、燃費のよい車を選んだり、ライフスタイルや家族構成に合わせて乗り換えたりしてもよいでしょう。

ここでは、車の買い替えを検討する際に走行距離を確認すべき理由や、走行距離の確認方法、そして廃車にしたほうがお得になる距離の目安について解説していきます。

車の走行距離を確認すべき理由は、走行距離で車の価値が変わるため

車の走行距離を確認すべき理由は、中古車の資産価値が走行距離によって大きく左右されるからです。
また、走行距離は中古車市場で車の査定をする際の基準としても使われているため、客観的に「自分の車をいま売るとどの程度お得なのか」を判断しやすいという理由もあります。

走行距離が多ければ多いほど、中古車の価値は低くなる

車は、数多くのパーツを組み合わせてつくられる複雑な工業製品です。パーツ数が多いということは、それだけ消耗品の数も多く、長く使えば使うほど故障のリスクも上がっていくことになります。
そのため、走行距離が多ければ多いほど、中古車は劣化しているという評価を受けるのが一般的です。

なお、車の走行距離には累積の走行距離を示す「総走行距離」と、自分で距離を計測できる「区間走行距離」があり、中古車市場ではおもに総走行距離がチェックされます。

同じ年式、同じ車なら走行距離の少ない車のほうが高く売却できる

まったく同じ年に販売された同じ車が2台あったとして、1台は走行距離が3万km、もう1台は1万kmなら、基本的には走行距離が1万kmしかない車のほうが高額で買取されます。
走行距離が少なければ、タイヤをはじめとした消耗品や部品の交換・修理のリスクなどが比較的低いと考えられるからです。

車の状態を客観的に評価できる基準だからこそ走行距離を重視する

車の買取価格や価値は、車の現状にもよります。走行距離が少なくても、荒い運転をしていて外装にたくさん傷が入っていれば、車の価値は下がるので注意が必要です。

車の買い替えを考えているなら、定期メンテナンスを受けたり、日頃からタイヤの空気圧や冷却水のチェックなどをしたりして、車をきれいに保ちましょう。

走行距離は車内のメーターで調べられる

車の走行距離は、

総走行距離:メーターパネルについているオドメーター
区間走行距離:トリップメーター

で確認できます。細かいメーターの表示場所などは車種によって違うので、わからない場合はマニュアルを参照しましょう。

走行距離10万kmが買い替えの目安!

走行距離を買い替えの目安にする場合、「10万km」を基準にするのがおすすめです。

走行距離10万キロで、さまざまなパーツの交換が必要になる

一般的な自動車は、走行距離が10万キロに到達したあたりで、さまざまなパーツの交換が必要になってきます。タイミングベルトやスパークプラグ、ウォーターポンプにファンベルトなど、一つひとつのパーツ交換は数万円程度でも、まとめて頼むと10万円以上の出費になることもあります。

また、一般的な通勤・通学などで頻繁に車を使っていると、おおよそ年間1万km程度走る計算になります。10年も同じ車に乗りつづけていれば、まだ問題が出ていない部分も経年劣化で消耗しているため、「壊れた場所だけ取り替えればよい」というわけにもいきません。

そのため、修理費用の負担が重くなる10万km前後で、車を買い換えるのがおすすめです。適切にメンテナンスしていれば、10万km走っていても、それなりの金額で手放すことができるでしょう。

もちろん、頻繁に車を乗り換えたい場合は、車を高く売るために、消耗部分にほとんど影響が出ていない1万kmから5万km前後を目安に売却するという手もあります。

10万kmを超えたら、車の状態によっては廃車を検討する

普段からメンテナンスをしておらず、修理費用の見積りを取ったらかなり高額になってしまった場合は、10万kmを超えた時点で廃車にしてしまうのもおすすめです。

車の現状や構造によっては、10万km未満でも故障を起こす場合があります。傷んだ車は修理をしても新品同様にはならないので、思い切って廃車にし、新しい車を買ったほうが良い場合もあります。

車の買い替えどきは、走行距離を目安に判断することがおすすめ

中古車の市場価値は、走行距離によって大きく変わります。約10万キロ走った時点で各種パーツが寿命を迎え、部品交換や修理が必要になってくるので、修理費用が高くなったり売却価格が大幅に下がったりする前に、買い替えを検討しましょう。

ただ、車の扱いが雑だと、走行距離が少くても車を高く買い取ってもらえません。普段から車のメンテナンスや掃除を欠かさず行い、少しでも高く売れるように工夫しておくことをおすすめします。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。