事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

陸運局ってどんなところ?どんな手続きができるの?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

陸運局では車に関するさまざまな手続きが行われています。いざ自分の車に関して、なにか手続きをしないといけないとなったときに、スムーズに行えるように、陸運局で何が行われているかを把握しておきましょう。

陸運局とは

陸運局とは、正しくは「地方運輸局」のことを指します。国土交通省に属する行政機関のひとつであり、全国10機関から成り立っています。運輸支局というさらに細分化された組織や、検査や登録のみ行う自動車検査登録事務所もあります。

運輸局の業務は、新車や中古車でナンバーが付いていない車の新規登録や、住所や氏名などの変更登録、所有者変更に必要な移転登録などがあります。車を解体するときや一時的に使用を中止するときは抹消登録、ナンバープレートの紛失や盗難の場合に使う番号変更、車検証の盗難や紛失時に手続きする車検証再交付も手続きできます。また運輸局は、車検時の検査も行っている機関です。車検では、新規検査・継続検査・構造等変更検査に分かれています。

廃車手続きの際、陸運局で行うこと

車を廃車するときは、陸運局での廃車手続きが必要です。廃車とは、正式名称で「抹消登録」のことです。抹消登録は、解体する場合や、一時的に車の使用を中止する場合に手続きします。手続きすると、自動車税の請求がされないため、車を使わない場合は早めに抹消登録しておきましょう。

廃車手続きは、車が登録されている管轄の陸運局で行います。どこで手続きが必要か分からない場合は、ナンバープレートに記載されている地域名を確認してください。

陸運局で行う廃車手続きは、永久抹消登録または一時抹消登録の2種類です。それぞれ必要な書類が異なるため、事前に確認しておきましょう。

永久抹消登録する場合は、事前に車を解体し、解体業者から証明書を貰っておきます。また永久抹消登録・一時抹消登録どちらも、前後のナンバープレート2枚が必要です。ほかにも車検証・印鑑登録証など必要な書類があります。

廃車手続きが完了したら、陸運局の施設内に自動車税管理事務所があるので、別途税管理事務所で自動車税抹消申請をしましょう。手続きをすると、手続きした翌月~本年度までの自動車税が返ってきます。。(※ただし手続きを行う時期によっては返戻金がない場合もあります)

全国の陸運局

全国の陸運局は、北海道・東北・北陸信越・関東・中部・近畿・中国・四国・九州・沖縄の10機関があります。また各運輸局に対し複数の支局があります。

【北海道】

運輸支局…札幌・函館・旭川・室蘭・釧路・帯広・北見

【東北】

運輸支局…宮城・福島・岩手・山形・秋田・青森

自動車検査登録事務所…いわき・庄内・八戸

【北陸信越】

運輸支局…新潟・長野・富山・石川

自動車検査登録事務所…長岡・松本

【関東】

運輸支局…東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・茨城・栃木・山梨

自動車検査登録事務所…足立・練馬・多摩・八王子・相模・川崎・湘南・熊谷・所沢・春日部・習志野・袖ヶ浦・野田・土浦・佐野

【中部】

運輸支局…愛知・静岡・岐阜・三重・福井

自動車検査登録事務所…西三河・小牧・豊橋・沼津・浜松・飛騨・四日市(※自動車検査場)

【近畿】

運輸支局…大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山

自動車検査登録事務所…なにわ・和泉・京都南・姫路

【中国】

運輸支局…広島・鳥取・島根・岡山・山口

自動車検査登録事務所…福山

【四国】

運輸支局…香川・徳島・愛媛・高知

【九州】

運輸支局…福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

自動車検査登録事務所…北九州・久留米・筑豊・佐世保・厳原・奄美

【沖縄】

陸運事務所

運輸事務所…宮古・八重山

車の各種手続きに陸運局が使われている

普段陸運局に行く機会は少ないですが、車を所有する人にとって陸運局は密接な関係があります。多くの場合は、業者に手続きを代行してもらっていますが、自分で手続きすることも可能です。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。