事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

250ccバイクの廃車書類を紛失した時の対処法は?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

250ccバイクの売却時には廃車書類をバイクと一緒に提出する必要があります。

この廃車書類を紛失してしまった場合は再発行の申請をしなければなりません。

250ccバイクの廃車書類の再発行には何が必要なのか、どんな点に注意しなければならないのかについて見ていきましょう。

廃車書類の再発行に記入する項目

250ccバイクの廃車書類を再発行する際は、以下のような項目を記載します。

  • ナンバープレートの番号
  • 廃車時の氏名と住所
  • 車体番号

わからない項目がある場合は別途調べる必要があります。


ナンバープレートの番号

廃車にしたときのナンバープレートの番号は所有者の確認のために必須です。

自動車税の納税証明書、自賠責保険の書類などに記載されているので確認してみてください。

各機関に問い合わせて番号を確認する方法もあります。


廃車時の氏名と住所

そのバイクの所有者の氏名と住所も必須項目です。

氏名、住所は250ccバイクを廃車にしたときのものでなければなりません。

引っ越して住所が変わった、結婚して氏名が変わったという場合は現在の氏名や住所を記入しないように気をつけましょう。

車体番号

車体番号はバイクの本体で確認できます。

ですが車体番号が彫られている場所はバイクやメーカーによってさまざまです。

車体番号を探すのも大変ですし、手元にバイク本体がない場合は現在保管している場所まで見に行くか代わりに他の人に確認してもらう必要があります。

登録情報の保管期間は5年間のみ


廃車書類の再発行には上記のような項目を必要書類に記入する必要があります。

どうしてもわからない項目がある場合は各機関に問い合わせて各種番号などを確認できますが、その保管期間は5年間と定められています。

廃車手続きをしてから5年以上経過している場合は番号の確認が取れない可能性があり、そうなると廃車書類の再発行は不可能です。

250ccバイクの廃車書類について

250ccバイクの廃車書類となる書類は軽自動車届出済証返納証明書です。

正しい方法で再発行の手順を踏みましょう。

軽自動車届出済証返納証明書の再発行の方法

軽自動車届出済証返納証明書の再発行は、運輸支局で申請が必要です。

軽自動車届出済証返納証明書を紛失した理由・ナンバープレートの番号

・廃車時の氏名と住所・車体番号を「理由書」という書類に記載して申請することで再発行ができます。

再発行できない場合は売却してしまう方法もある

廃車書類の再発行には準備しなければならないものが多く、自ら運輸支局で手続きを行う必要があります。

必要な項目が分からない、運輸支局に行ける時間がないという場合、再発行をせずに廃車買取業者に売却してしまうという方法もあります。

この場合は廃車書類は必要なく、廃車書類の再発行に必要な手続きは業者が代行してくれます。

廃車にかかる手続き代行費やレッカー費などはかからず、無料で取引が可能です。

バイクの状態によっては買取金額がつく可能性もありますので、まずは一度相談してみましょう。

【まとめ】

250ccバイクの廃車書類を紛失した場合も慌てずに


250ccバイクの廃車書類を紛失した際の再発行の手続きについて解説しました。

まずは、廃車書類を紛失しないよう保管しておくことが大切ですが、万が一紛失してしまった際は記入項目などを確認してしかるべき手続きを踏んで再発行してもらいましょう。

再発行ができなかった場合、再発行の手続きをする暇がない場合は廃車買取業者に相談してバイクの引き取りは再発行手続きを代行してもらうのもおすすめです。


廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
      廃車買取について詳しくはこちら

廃車買取ならはなまる

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」小売事業部 事業部長。1987年東京都生まれ。小学生から大学生までの間レーシングドライバーを目指し数多くの大会に出場。20代で飲食店経営に携わったのち、野菜配達の仕事に就くも、幼少期からの車への魅力を忘れられず自動車業界へ。中古車査定士の資格を取得し、自動車に関する豊富な知識をもとに、おもに車に起きるトラブルの対処法や車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。