事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

廃車済みの原付を売る手順を紹介

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

原付を廃車にして売るときには事前に行っておくべきことがあります。売却の手続きや価格に影響するためです。売却に必要な書類の確認や売却の方法など廃車済みの原付を売る手順を紹介します。

廃車済みの原付を売る準備をする

原付を廃車にして売るためには、前もって準備しておくことがあります。原付に関する書類の準備と原付の状態を確認しておくことです。

原付を売る際に必要な書類

原付を廃車にして売るときには用意するべき書類があります。全てそろっているか確認しておくと、売却が決まったときに慌てることがありません。必要な書類は以下のとおりです。

  • 廃車証明書(自治体によって名称が異なる場合あり)
  • 譲渡証明書
  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 自賠責保険証

廃車証明書や自賠責保険証は新たな所有者へ名義変更する際に必要です。譲渡証明書は廃車の際に役所の窓口に置いてあるところもあります。見当たらない場合は国土交通省のホームページからもダウンロードが可能です。また未成年が原付を売却する場合は保護者の同意が必要です。売却の方法によっては、保護者直筆の同意書を求められるケースもあります。

原付の状態を確認しておく

状態によっては売却価格に影響するため、原付の状態を事前に確認しておくのも大切です。エンジンやブレーキ、ランプ、メーターなどの作動チェックをし、原付が正常に動くのかを確認しておきます。また見た目も大切です。目立つような大きな傷やへこみがないかを確認してください。自分で簡単に修理できそうなものは修理しておくと、売却しやすくなります。汚れがあれば落とし、できるだけきれいな状態で売却できるようにするとよいでしょう。パーツをカスタムしているときは、ノーマルパーツも一緒に用意しておきます。

廃車済みの原付を売る方法を選択

原付を廃車にして売る準備ができたら、売却方法を選びます。廃車済みの原付を売る方法は主に2つあります。オークションで原付を売る方法とバイク買取店に原付を売る方法です。

オークションで原付を売る

インターネットで取引できるオークションもあり手軽に利用できる売却方法です。原付を売りたい人と買いたい人を直接結びつける仕組みのため、個人間での取引になる場合があります。買いたい人と直接取引をするので、話し合いの進め方によっては希望の金額で売却できるときもあるでしょう。オークションサイトによって流れはさまざまですが、主な取引の流れは以下のとおりです。

  1. 出品する
  2. 落札されたら取引開始(落札者と話し合い代金を受け取る)
  3. 必要書類、原付本体を譲渡

オークションでは全て自分で対応しなければいけないため、思わぬことでトラブルが発生する可能性があります。代金の受け渡しトラブルや、購入後に原付に傷がついていたとクレームが入ることもあり大きな問題に発展するケースもあります。また出品しても確実に売れるとは限りません。何日も落札されない可能性を考慮しつつ、オークションサイトを確認しながら売れると判断できるときに出品してみるのも一つの手段です。

バイク買取店に原付を売る

廃車済みの原付を売るには、専門の買取店に依頼する方法もあります。個人間での取引とは異なりトラブルに発展することも少なく、スピーディーに原付の売却が可能です。動かない原付でも買い取り可能な業者もいます。買取店によって流れはさまざまですが、主な買い取りの流れは以下のとおりです。

  1. 買取店に査定の依頼
  2. 専門のスタッフによる査定・成約
  3. 必要書類、原付本体の引き渡し
  4. 買取金の受け取り

査定は出張査定をしてくれる場合もあり、車種や年式、傷やサビ、作動状況などを確認し査定金額を決めます。金額に納得したら契約成立です。買取店は売りたい人と買いたい人の中間の位置づけのため、どうしても買取金額が低くなる場合があります。原付の買取金額の相場をもとに利益や人件費などを考慮して金額が決められるためです。しかし廃車済みの原付を売ることに慣れていなくてもプロの買取店に依頼すれば出張査定後に、その場で売却もできます。個人間で直接取引するよりもスムーズに手続きを進められるでしょう。

廃車済みの原付を高く売るためのポイント

オークションサイトでは、いつ売れるのか分からない状態が続くケースは多いものです。何カ月も落札者がいない場合では、希望価格よりも大きく価格を値下げして出品しないと売却できない可能性もあります。納得できる価格で、すぐに廃車済みの原付を売るにはポイントがあります。

原付を売る価格の相場を確認

適正な価格で売買するためにも、事前に原付を売却する価格の相場を調べておくのも大切です。希望していた価格よりも高く買い取り可能な場合もあります。大切に使用してきた原付を売却するのであれば、相場の価格よりも安く売るのは防ぎたいところです。

廃車済みの原付の売却価格の相場は、買取店の公式ホームページに掲載されている買い取り実績を参考にしたり、オークションサイトで廃車済みの原付の落札価格を確認したりするのもよいでしょう。また簡単な質問に答えていくだけで相場価格を確認できるオンライン査定を行っている買取業者もあります。

複数のバイク買取店に査定依頼を出す

買取業者には、それぞれ専門とする分野や得意な分野が異なります。独自の売却ルートを持っている業者も多く、買取金額に差がでる場合も多いでしょう。買取店のスタッフに査定をしてもらってから、業者による査定基準や手続きなどの違いが分かることもあるため、複数の業者に査定依頼をする必要があります。査定はメールや電話で簡単に依頼できます。査定だけなら無料のケースも多く、提示された買取金額に納得できなければ売る必要はありません。一度保留にしておき、複数の買取店に査定をしてもらってから売却先も考えてもよいでしょう。

廃車済みの原付を売るときはお得に

廃車済みの原付を売る手順を紹介しました。廃車証明書の準備や原付の状態の確認をしておくと、売却の際にスムーズに取引できます。売却方法は、オークションサイトでの個人売買やバイク買取店への依頼などが主な方法です。買取価格や手続きの対応などを考慮して納得できる方法を選んでください。原付を廃車にして売ることが決まっているのなら、お得な方法で売却しましょう。

廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
      廃車買取について詳しくはこちら

廃車買取ならはなまる

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」小売事業部 事業部長。1987年東京都生まれ。小学生から大学生までの間レーシングドライバーを目指し数多くの大会に出場。20代で飲食店経営に携わったのち、野菜配達の仕事に就くも、幼少期からの車への魅力を忘れられず自動車業界へ。中古車査定士の資格を取得し、自動車に関する豊富な知識をもとに、おもに車に起きるトラブルの対処法や車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。