事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

激安中古車には注意が必要!?激安のワケや購入前の注意点を解説!

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

中古車の販売サイトなどを見てみると、車種や年式、走行距離は他の中古車とそこまで大差がないのに、非常に格安な中古車が販売されていることがあります。車としては考えられない値段がついていることもあり、「なんだか怪しい!」と感じる方や「安全面に問題はないの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、いわゆる激安中古車に関する疑問の真相を追求し、激安中古車を購入する場合に注意しておきたいポイントについても解説します。

激安中古車が存在する理由

そもそもなぜ、激安中古車と呼ばれる車が存在するのでしょうか。
その理由はさまざまですが、主に考えられる理由を2点紹介します。

1.マイナーチェンジによる細かな違いがある

車種や年式、走行距離などの条件は同じような中古車であっても、よく比較してみると細かな違いがあることから、大幅な価格差が生じるケースがあります。

例えば、新車登録の時期が微妙に異なっていて、その期間中にマイナーチェンジが行われている場合です。
マイナーチェンジとは、エンジンなどの根幹部分は変えず、外装デザインや内装の仕様、装備を小規模に改良することを指し、マイナーチェンジによって、ボディ剛性が向上したり排気量が変わったりします。

また、エンジンの種類が増えたりグレードが追加されたりするビッグマイナーチェンジと呼ばれるモデルチェンジも存在します。このようなパッと見ただけでは気づかないような違いがユーザーのニーズを分け、価格帯に影響していることがあるのです。

2.水没や修復の履歴がある

次に考えられる理由は、過去に水没や修復した履歴があるというケースです。

水没した履歴がある車は、水没車・水害車・冠水車と呼ばれ、「室内フロア以上に浸水した車」または「浸水の痕跡が複数確認できる車」と定義されています。また、修復した履歴のある車はそのまま修復歴車と呼ばれ、「車の骨格部分(フレーム)を修復した履歴のある車」と定義されています。

綺麗に整備され見た目や走行性能に問題がなくても、過去になんらかのダメージを受けた履歴があることが判明すると購入をためらってしまう方が多く、買い手がつきにくいことから、安価で販売しなければならないということがあるのです。

激安中古車の購入に向いているケース

激安中古車は安価で手に入るというメリットがあるとは言え、車の使用用途や使用頻度、環境などによって購入をおすすめできない場合もあります。ここでは、購入に向いているケースを3つ紹介します。

1.ご自身でメンテナンスができる場合

激安中古車は新車と比べると、経年劣化や過去のトラブルにより故障などを招く可能性が高くなってきます。
そのため、定期的なメンテナンスや故障した際の対応がご自身でできる場合は、激安中古車の購入に向いているかもしれません。
現段階で異常がなくても、のちに不具合が起きる可能性が0とは言い切れないため、ご自身でメンテナンスを行うことに少しでも不安がある方は選択肢から外した方がいいでしょう。

2.車の使用期間が短い・使用頻度が少ない場合

そもそも車に乗る機会が少ない!という方や、転勤の期間だけその土地で乗っていたい!など、低頻度・短期間だけ車を使用したい場合は、やはり車を安くお得に購入したいと思いますよね。

安全に長く乗り続けるためには、しっかりとしたメンテナンスが必要ですが、状態の良い激安中古車は、低頻度・短期間であれば問題なく乗ることができる車が多いため、そのようなライフスタイルの方には向いていると言えるでしょう。

3.ドライバーが運転初心者の場合

ご自身やご家族がまだ免許を取ったばかりで車の運転に少しでも不安がある場合は、安く購入した車に乗るほうが金銭面だけでなく精神面でも安心です。

運転にまだ慣れていない時期には、駐車するときに自宅のガレージにぶつけてしまったり、気がつかないうちに細かな傷をつけてしまっていたりすることが多く見受けられます。

最初から高級な車を購入してしまうと、傷をつけてはいけないというプレッシャーからあまり運転しなくなり、いざ必要に迫られて運転すると交通事故を引き起こしてしまうという可能性も否定できません。

そのため、激安中古車は「練習用に最初に乗る車」として購入するには非常に合理的です。

激安中古車を購入する際の注意点

激安中古車を購入するにあたって、事前に注意しておくべきポイントはいくつか存在します。
購入前に必ずポイントを押さえ、格安であっても安全な中古車を購入しましょう。

1.安全な車を選ぶには安全なお店で!

購入したい車ばかりに目を向け、お店選びを適当にしていませんか?
近くにある店舗だから大丈夫!などの理由で吟味せずにお店を選ぶと、のちにSNSやホームページを覗いたらなんだか怪しい…といったことや、点検時期のお知らせが届かない!といったトラブルが発生しかねません。
安全な車は安全なお店で選ぶよう、事前に以下の3つを確認しておきましょう。

①お店のホームページはしっかりと更新されているか
②店内の整理整頓や展示車の洗浄はされているか
③購入後の整備やアフターフォローはしっかりしているか

2.自分の目で水没車を見極めよう

中古車販売店が水没・修復の履歴がある車を販売する際、修復歴車に関しては顧客に修復歴の有無を開示する義務があるのに対し、水没車は義務付けられていないためご自身で確かめるしか知る手段はありません。

水没車を避けたほうがいい理由としては、どれだけしっかり修理が行われていても、電気系統の故障リスクへの不安が残るためです。また、一度水没しているとカビの発生や異臭の原因にもつながりかねません。

すべての水没車が危険であるわけではありませんが、「100%安全である」とは断言できません。
水没車を事前に見分けるための3つのポイントを確認しておきましょう。

①車内の臭いを確認する
②エンジンルームの内部に砂や葉などが残っていないか確認する
③シートを後ろまで下げてシートレールにサビや泥がついていないか確認する

もしも上記のような状態であれば、どれだけ欲しい車でも激安でも購入は見送ることをおすすめします。

まとめ

激安中古車が存在する理由や購入に向いているケース、購入する前にチェックしておきたいポイントについて解説しました。
激安中古車を購入して、のちに予想外の不具合が起きてしまいメンテナンス費用や修理費用が高額になるとどれだけ安く購入しても意味がありませんよね。
ましてや、整備不良や経年劣化等によって交通事故を引き起こしてしまっては取り返しのつかないことになります。
ご自身やご家族の大切な命を守るためにも、本記事を読んで安心安全なカーライフを送ってくださいね。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。