2024.07.02

事故車の修理代費用相場はどれくらい?費用や判断基準を徹底解説

事故車 修理費用

どんな車もスピーディーに、ご相談承ります!今すぐ査定!

交通事故に遭った際、愛車の修理代がどれくらいかかるのか気になる方も多いでしょう。

本記事では、事故車の修理費用の相場や高額になる理由、修理と買い替えの判断基準について詳しく解説します。

事故車の修理代が高額となる理由とは?

修理費用の目安

事故車の修理費用は損傷の程度や修理箇所によって大きく異なります。

一般的に、エンジンやフレームといった車の重要な部位の修理が高額になる傾向があります。

例えば、正面衝突事故でエンジンルームが大きく損傷した場合、エンジン本体の交換が必要になることがあります。

エンジンの交換は、高性能な部品を使用するため、部品代が高額になるだけでなく、複雑な作業を要する点も加味すると、修理代全体も高額になる可能性があります。

また、フレームと呼ばれる車の骨格部分の修理も、複雑な作業が必要となるため、高額になるケースが多いです。

フレームは、車の強度を保つために重要な役割を担っており、損傷した場合は、専門的な技術と知識を持った整備士による修理が必要となります。

そのため、工賃も高額になる傾向があります。

さらに、エアバッグやブレーキシステムなどの安全装置の修理も、部品代や工賃が高額になることがあります。

これらの部品は、万が一の事故時に乗員を守るために、高性能なものが使用されています。

そのため、修理費用も高額になる傾向があります。

事故車の修理費用は、車の年式や車種によっても異なります。

新車であれば、部品代や工賃が高額になる傾向があります。

これは、新車の部品は最新の技術が採用されているため、製造コストが高く、修理費用も高額になるためです。

一方、古い車であれば、部品の入手が困難な場合があり、修理費用が高額になることがあります。

古い車の部品は、製造が終了している場合もあり、入手するには、中古部品を探すか、メーカーに特別注文する必要があり、時間がかかるだけでなく、費用も高額になる可能性があります。

事故車の修理費用は、車の状態や損傷の程度によって大きく異なるため、事前に修理工場に相談し、見積もりを取ることをおすすめします。

見積もりを取る際には、修理内容や使用する部品について詳しく説明してもらい、納得した上で修理を進めるようにしましょう。

事故車の修理代を抑えるポイント

修理費用を抑えるためには、信頼できる修理工場を選ぶことが重要です。

複数の見積もりを取ることで、最適な価格を見つけることができるでしょう。

信頼できる修理工場を選ぶためには、口コミや評判を参考にしたり、実際に工場を訪れて話を聞いてみたりすることが大切です。

また、修理工場の資格や実績なども確認しておくと安心です。

例えば、自動車整備士資格を取得している整備士が在籍しているか、過去の修理実績が豊富かどうかなどを確認しましょう。

複数の見積もりを取ることで、修理費用の相場を把握することができます。

複数の修理工場から見積もりを取り、比較検討することで、最適な価格の修理工場を見つけることができます。

見積もりを取る際には、修理内容や使用する部品について詳しく説明してもらい、見積書の内容をよく確認しましょう。

修理費用を抑えるためには、中古部品を使用することも有効です。

中古部品は新品に比べて価格が安く、修理費用を抑えることができます。

ただし、中古部品を使用する場合、品質や耐久性に不安が残る場合があるため、信頼できる業者から購入することが重要です。

中古部品の品質や耐久性については、販売業者に詳しく確認し、保証があるかどうかなども確認しておきましょう。

また、修理工場によっては、割引キャンペーンを実施している場合があります。

修理を依頼する前に、割引キャンペーンの情報を確認しておくと、お得に修理できる場合があります。

修理の際に注意するべき点

修理を依頼する前に、修理内容や費用について十分に確認し、納得した上で進めることが大切です。

修理内容については、どの部品を交換するのか、どのような修理方法で行うのかなどを詳しく確認しましょう。

また、修理費用については、部品代、工賃、消費税などが含まれているのか、追加費用が発生する可能性があるのかなどを確認しましょう。

追加費用が発生する可能性がある場合は、どのような場合に発生するのか、費用はどのくらいかなどを事前に確認しておきましょう。

修理工場との間でトラブルを避けるために、修理内容や費用について書面で確認しておくと安心です。

修理内容や費用が書かれた見積書を発行してもらい、内容をよく確認してから署名しましょう。

見積書には、修理内容、使用する部品、費用、納期などが明記されていることを確認しましょう。

また、修理期間についても確認しておきましょう。

修理期間は、損傷の程度や修理内容によって異なりますが、事前に目安を聞いておくと安心です。

修理期間が長くなる場合は、代車の手配が必要になるため、事前に代車の空き状況や料金などを確認しておきましょう。

修理が終わった後は、必ず車を点検し、修理内容に問題がないかを確認しましょう。

問題があれば、修理工場に連絡し、対応してもらいましょう。

修理代と保険の関係

対物超過修理費用特約を活用する

対物超過修理費用特約を利用すれば、自分の車の修理代を全額カバーできる場合があります。

対物超過修理費用特約は、相手方の保険でカバーできない修理費用を補償する特約です。

例えば、相手方の保険でカバーできる修理費用が100万円だった場合、自分の車の修理費用が150万円かかったとしても、この特約があれば、残りの50万円を補償することができます。

ただし、対物超過修理費用特約は、すべての保険会社が取り扱っているわけではありません。

また、特約の適用条件や補償範囲は保険会社によって異なるため、事前に自分の保険の内容を確認しておく必要があります。

特約の適用条件や補償範囲については、保険会社のホームページやパンフレットで確認するか、保険会社に直接問い合わせるようにしましょう。

車両保険の適用範囲

事故車の修理代を補償するためには、車両保険に加入しているかどうかが重要です。

保険の内容を確認しましょう。

車両保険は、自分の車の事故による損害を補償する保険です。

車両保険に加入していれば、事故車の修理費用を補償することができます。

ただし、車両保険には免責金額が設定されている場合があり、免責金額を超える部分のみが補償されます。

免責金額は、保険会社によって異なりますが、一般的には10万円から30万円程度です。

また、車両保険には、車両全損や車両部分損などの補償範囲が設定されています。

車両全損は、車の修理費用が車の価値を超えた場合に適用されます。

車両部分損は、車の修理費用が車の価値を超えていない場合に適用されます。

車両保険の適用範囲や免責金額は、保険会社によって異なるため、事前に自分の保険の内容を確認しておく必要があります。

保険の内容は、保険証券や保険会社に問い合わせることで確認することができます。

保険金の使い方

受け取った保険金は修理費用だけでなく、他の出費にも充てることができます。

事故によって発生した修理費用だけでなく、レンタカー代や交通費などの費用も保険金から支払うことができます。

ただし、保険金の使い方については、保険会社によって制限がある場合があります。

例えば、保険金の一部を他の用途に使う場合は、保険会社に事前に申請が必要な場合があります。

保険金の使い方については、事前に保険会社に確認しておきましょう。

修理と買い替えの判断基準

修理か買い替えかの選択

修理費用が車の価値を超える場合、買い替えを検討するのが賢明です。

事故車の修理費用が車の価値を超えてしまう場合、修理よりも買い替えの方が経済的に得策となる場合があります。車の価値は、年式や走行距離によって大きく異なります。

例えば、古い車や走行距離が長い車は、修理費用が高額になる傾向があります。

このような場合は、修理費用が車の価値を超えてしまう可能性が高いため、買い替えを検討する方が良いでしょう。

買い替えを検討する際には、中古車の価格や新車の価格などを比較検討し、最適な選択を行いましょう。

修理費用のシミュレーション

修理にかかる費用を事前にシミュレーションし、それが予算内で収まるかどうか確認しましょう。

修理費用は、損傷の程度や修理内容によって大きく異なります。

事前に修理工場に相談し、見積もりを取ることで、修理費用をシミュレーションすることができます。

見積もりを取る際には、修理内容や使用する部品について詳しく説明してもらい、見積書の内容をよく確認しましょう。

修理費用のシミュレーションを行うことで、修理費用が予算内で収まるかどうかを確認することができます。

予算を超える場合は、修理内容を見直したり、買い替えを検討したりする必要があるでしょう。

修理後の車の価値

修理した車の再販価値も考慮に入れると、結果として買い替えの方がコストパフォーマンスが高い場合もあります。

事故車の修理は、車の価値を下げる可能性があります。

特に、フレームやエンジンなどの重要な部品を修理した場合、車の価値は大きく下がる可能性があります。

これは、修理によって車の状態が変化し、中古車としての価値が下がるためです。

修理した車の再販価値を考慮すると、買い替えの方がコストパフォーマンスが高い場合もあります。

買い替えを検討する場合は、中古車の価格や新車の価格などを比較検討し、最適な選択を行いましょう。

修理期間と代車の手配

修理期間の目安

修理にかかる期間は損傷の程度によって異なりますが、一般的には数日から数週間が目安です。

軽微な損傷であれば、数日で修理が完了する場合もあります。

しかし、フレームやエンジンなどの重要な部品を修理する場合は、数週間かかることもあります。

これは、部品の入手状況や修理の複雑さによって異なります。

修理期間は、修理工場の混雑状況や部品の入手状況によっても異なります。

事前に修理工場に相談し、修理期間の目安を聞いておきましょう。

修理の流れと注意点

修理の進行状況を定期的に確認し、必要があれば工場とのコミュニケーションをとるようにしましょう。

修理の進行状況は、定期的に修理工場に確認しましょう。

修理の進捗状況や納期について、疑問点があれば、遠慮なく修理工場に問い合わせましょう。

修理が完了したら、必ず車を点検し、修理内容に問題がないかを確認しましょう。

問題があれば、修理工場に連絡し、対応してもらいましょう。

代車の手配方法

修理期間中に車が使えない場合、代車を借りることができます。

事前に修理工場に相談しておくとスムーズです。

代車の手配は、修理工場に依頼することができます。

修理工場によっては、代車を無料で貸し出してくれる場合もあります。

代車の手配は、修理を依頼する前に済ませておくと安心です。

修理工場に代車の空き状況や料金などを確認しておきましょう。

まとめ

事故車の修理代は状況によりますが、高額になるケースが多いです。

特に、エンジンやフレームなどの重要な部位の修理は高額になる傾向があります。

保険の特約を活用し、適切な修理工場を選ぶことが重要です。

信頼できる修理工場を選ぶためには、口コミや評判を参考にしたり、実際に工場を訪れて話を聞いてみたりすることが大切です。

修理費用が高額になる場合は、買い替えの選択肢も検討しましょう。

修理費用が車の価値を超えてしまう場合や、修理後の車の価値が大きく下がる場合は、買い替えの方が経済的に得策となる場合があります。

事故車の修理は、高額な費用がかかる場合があるため、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

保険の特約を活用したり、信頼できる修理工場を選んだりすることで、修理費用を抑えることができます。

また、修理内容や費用について十分に確認し、納得した上で修理を進めるようにしましょう。

修理費用が高額になる場合は、買い替えを検討するのも一つの選択肢です。

買い替えを検討する場合は、中古車の価格や新車の価格などを比較検討し、最適な選択を行いましょう。

 

アバター画像

この記事の監修者

澤井 勝樹

「株式会社はなまる」監査役。1975年生まれ。10年近く会計事務所で経理総務全般の経験を積みながら、税理士、行政書士登録。その後、IT系ベンチャー企業のIPOの準備に携わるなど活動。現在はインターネットとクルマの可能性を世の中に伝えたいとソコカラコラムを執筆中。家族・食べること・愛車のセレナが大好き。おもに廃車の手続きや税金に関するコラムを執筆している。

どんな車もスピーディーに、
ご相談承ります!

お車について

メーカー 必須
車種 必須
年式 任意
走行距離 必須

お客様について

氏名 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
※地域により査定額が異なる場合がございます。

車の売却をいつ頃に予定されていますか?必須

お電話、もしくは、メールで査定額をご連絡します。
プライバシーポリシー同意の上

国産車

トヨタ

レクサス

日産

ホンダ

マツダ

スバル

スズキ

三菱

ダイハツ

いすゞ

光岡自動車

日野自動車

UDトラックス

三菱ふそう

輸入車

メルセデスベンツ

AMG

BMW

アウディ

フォルクスワーゲン

オペル

ポルシェ

スマート

キャデラック

シボレー

ジープ

ハマー

GMC

フォード

リンカーン

クライスラー

ダッジ

テスラ

ロールスロイス

ベントレー

ジャガー

ランドローバー

ルノー

ロータス

ローバー

ボルボ

マセラティ

ミニ

プジョー

フェラーリ

ランボルギーニ

フィアット

ヒュンダイ

シトロエン

サーブ

アルファロメオ

アバルト

アストンマーティン

MG

その他・不明

車種

今すぐ無料査定! 今すぐ無料査定!

お電話で今すぐ査定!

0120-590-870

WEBでの査定はこちらから!
24時間受付中!

  • オンライン査定
  • LINE査定

関連記事

今すぐ無料査定! 今すぐ無料査定!

お電話で今すぐ査定!

0120-590-870

WEBでの査定はこちらから!
24時間受付中!

  • オンライン査定
  • LINE査定

pagetop