事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

バスの廃車置き場はどう探せばいい?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

廃車にしたバスをどうすればいいか困っている方もいるでしょう。最近は趣味でバスを所有する個人も増えており、オークションに出す所有者も多いようです。ただ廃車にしたバスは場所を取るので、できるだけ早く置き場を見つけたいところです。

そこで今回はバスの廃車置き場を探す方法を紹介します。廃車にしたいけどどうすればいいかわからない方は必見です。

バスの廃車置き場の探し方

個人的にバスが好きという方を除いて、廃車にしたバスは手放したいと考えているのではないでしょうか。バスの廃車置き場の探し方を紹介します。

ディーラーに依頼する

バスの廃車置き場を探しているなら、バスを販売しているディーラーに相談する方法があります。ただ多くのディーラーは業者や企業と取引しています。そのため個人が依頼しても対応してくれない可能性があることは理解しておきましょう。

廃車買取業者に依頼する

廃車買取業者とは、中古車として買取が難しい車両を買い取ってくれる業者のことです。買い取りされた廃車の部品や金属はリサイクルされるため、中古車として売れないような車でも買取金額が発生する可能性が高いです。

ただ廃車買取業者の全てがバスを取り扱っているわけではありません。普通車の買取を専門としている業者も多いため、バスの廃車買取を行っている業者がないか探してみる必要があります。

バスに対応している廃車買取業者は、全国展開をしていたり海外のネットワークを持っていたりするところが多いので、普通車専門の業者でも相談すれば紹介してくれる可能性も高いです。廃車買取業者に依頼すれば、バスの廃車手続きも代行してくれるので手間がかかりません。

ただ買取金額が発生しても、輸送費が普通車に比べて高額になるため、利益にならないこともあると理解しておきましょう。それほど大きくないバスなら、無料のレッカーサービスで対応してくれることもあります。

解体業者に持ち込む

解体業者もバスの廃車置き場となる一つです。ただバスは普通車と違って置き場所にかなりの広さや解体するにも敷地が必要になります。また普通車とバスでは解体方法が異なるため、普通車を専門で取り扱っている解体業者は応じてくれないかもしれません。

バスの解体業者を探す場合も、バスの解体を取り扱っている業者を探してみましょう。普通車の解体業者と比べると圧倒的に少ないですが、バスに対応している業者もあります。解体業者でも、廃車手続きは代行してくれる場合が多いです。

解体業者に持ち込む場合も輸送費がかかります。

オークションに出す

バスを店舗にしているお店や、田んぼの中にバスがポツンとあるのを見たことはないでしょうか。趣味でバスを所有したいという人や、人を乗せて走る以外のバスの使い方をしたいという人は意外と多く、個人でバスを購入する人もいます。

オークションに出されているバスは意外と多いので、オークションに出してみるのもバスの廃車置き場探しにはおすすめです。走らせることができなくても、バス本体を有効活用してくれます。愛用してきたバスが有効活用されるため、手放しがたく感じている方も安心です。

オークションに出す場合は輸送費を購入者持ちにするなどすれば、費用がかからず廃車にしたバスを手放せます。ただし、オークションを活用する都合上、別途で出品手数料など違う場面で費用がかかる場合もあることを覚えておきましょう。

バスを廃車にする方法は?

バスを廃車にするためには、陸運局か運輸支局でバスの廃車手続きを行わなければなりません。廃車にする方法は一時的にバスに乗れなくなる一時抹消登録と、バスを解体する場合に行う永久抹消手続きがあります。

永久抹消手続きをしたら、そのバスはもう二度と公道を走れません。まだ走行できるバスを廃車にする場合、先に廃車置き場まで移動させてから廃車手続きを行えば、輸送費をカットできます。

陸運局もしくは運輸支局で廃車手続きを受け付けてくれる時間は、平日のみで時間も限られています。たとえば、神奈川県で神奈川ナンバーの車両を運輸支局で廃車手続きをする場合、その受付時間は平日のみの8時45分から16時までです。[注1]平日に仕事がある人にとっては、なかなか大変かもしれません。

廃車手続きは代行もできるので、行政書士や廃車買取業者、解体業者に依頼してもいいでしょう。行政書士に依頼すると費用がかかるので、廃車置き場を探すのを兼ねて、廃車買取業者や解体業者に依頼した方が安く済みます。

[注1]神奈川運輸支局「自動車検査・登録ガイド」(2022-01-28)

バスの廃車置き場を探しているなら廃車買取業者がおすすめ

中古車として買い取ってもらえないバスは、廃車にするにも置き場所に困ってしまうかもしれません。

そんな時は廃車のバスを買い取ってくれる廃車買取業者がおすすめです。部品や金属が売れる状態なら、お金が入ってくる可能性もあります。面倒な廃車手続きも代行してくれますし、レッカー対応が可能な場合もあるので、走らなくなったバスの廃車にも最適です。

バスの廃車置き場に困っているなら、バスに対応している廃車買取業者を探してみてください。

廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
      廃車買取について詳しくはこちら

廃車買取ならはなまる

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」監査役。1975年生まれ。10年近く会計事務所で経理総務全般の経験を積みながら、税理士、行政書士登録。その後、IT系ベンチャー企業のIPOの準備に携わるなど活動。現在はインターネットとクルマの可能性を世の中に伝えたい。家族・食べること・愛車のセレナが大好き。おもに廃車の手続きや税金に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。