事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

バイク廃車手続きを自分で行う方法は?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

バイクを廃車にする際には廃車手続きが必要です。業者に代行依頼もできますが、業者で代行費用が発生するのであれば自分でやりたいという方もいるでしょう。

そこで今回はバイクの廃車手続きを自分で行う方法を紹介します。面倒に感じるかもしれませんが、方法を知っておけば難しい手続きではありません。スムーズにできるように廃車手続きの方法を理解しておきましょう。

バイクの廃車手続きは区分によって異なる

バイクには3つの区分があります。同じバイクと呼ばれる車両でも区分が異なれば、手続き方法も変わるので注意しましょう。バイクの区分は以下のとおりです。

  • 排気量125cc以下の原付・バイク
  • 排気量126cc以上250cc以下のバイク(軽二輪自動車)
  • 排気量251cc以上のバイク(小型二輪自動車)

同じバイクでも区分が分けられている理由は、排気量によって、管轄が異なったり、車検が必要かどうかが変わってきたりするからです。まず手続きを行う前に、廃車にしたいバイクがどの区分か確認しておきましょう。

【区分別】バイクの廃車手続きの方法

ではそれぞれの区分でどのような廃車手続きが必要になるのかを解説します。間違えないようにしてください。

排気量125cc以下の原付・バイク

排気量125cc以下の原付もしくはバイクは、各地方自治体が管轄しています。そのため廃車手続きはお住まいの地域の役所で行います。地方自治体の役所のどちらの課で対応してくれるかは役所によって異なるので、受付で確認しましょう。

排気量125cc以下の原付・バイクの廃車手続きに必要なものは、ナンバープレート・標識交付証明書・所有者の印鑑です。印鑑は認印でも構いません。ナンバープレートをもらった時に渡された標識交付証明書がない方もいるかもしれませんが、なくても手続き自体は可能です。

役所に行って廃車申告書を記入し、窓口でナンバープレートと、あれば標識交付証明書を提出します。これが受理されれば廃車手続きは完了です。費用はかかりません。

排気量126cc以上250cc以下のバイク(軽二輪自動車)

排気量126cc以上250cc以下のバイクは、陸運局・運輸支局が管轄しています。最寄りの陸運局・運輸支局は国土交通省のホームページで確認してください。

排気量126cc以上250cc以下のバイクの廃車手続きに必要なのは、ナンバープレート・軽自動車届出済証・印鑑です。軽自動車届出済証を紛失した場合は、理由書の記入が必要です。また登録した場所と異なる場所で廃車手続きをする場合は住民票が必要です。

陸運局・運輸支局に行き、軽自動車届出済証返納証明書交付申請書と軽自動車税申告書、手数料納付書を記入、軽自動車届出済証と一緒に窓口へ提出、廃車が完了すると、軽自動車届出済証返納済確認書と軽自動車届出済証返納証明書がもらえます。

排気量251cc以上のバイク(小型二輪自動車)

排気量251cc以上のバイクも陸運局か運輸支局で手続きを行います。最寄りの陸運局か運輸支局は、国土交通省のホームページで検索してください。排気量251cc以上のバイクの場合、自動車と同じような自動車検査証(車検証)がありますので、手続きには自動車検査証(車検証)が必要です。自動車検査証(車検証)以外に必要なものは、ナンバープレート、使用者の印鑑です。

陸運局か運輸支局にいき、申請書(OCRシート第3号様式の2)・手数料納付書・軽自動車税申告書をもらいます。また検査登録印紙を必要な金額分購入しましょう。金額は自治体によって異なりますので、窓口で確認してください。

自動車検査証(車検証)を見ながら必要な書類に記入し、窓口に提出します。受理されたら、陸運局内もしくは運輸支局内の自動車税窓口に軽自動車税申告書を提出しましょう。これを提出することで、来年度から自動車税が課せられなくなります。

バイクの種類によって廃車手続き方法が変わる

バイクの廃車手続きは比較的簡単なので、自分で手続きする人も多いです。ただ今回紹介したとおり、バイクには3つの区分があり、区分によって廃車手続きの方法が変わります。特に排気量125cc以下の原付・バイクかどうかで、手続きを行う場所が変わりますので、間違えないようにしましょう。また、必要な書類も区分によって異なりますから、きちんと確認しておいてください。

廃車のことでお困りなら株式会社はなまるにお任せください。
      廃車買取について詳しくはこちら

廃車買取ならはなまる

この記事を書いた人

「株式会社はなまる」監査役。1975年生まれ。10年近く会計事務所で経理総務全般の経験を積みながら、税理士、行政書士登録。その後、IT系ベンチャー企業のIPOの準備に携わるなど活動。現在はインターネットとクルマの可能性を世の中に伝えたい。家族・食べること・愛車のセレナが大好き。おもに廃車の手続きや税金に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。