事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

デフが故障したときの症状とメンテナンス方法について

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

車にはデフという装置が付いていることはご存知でしょうか。デフは、車がカーブした道路を走行するのを助けるとても重要な部品です。デフが故障するとカーブでの事故のリスクが高まるので、日頃からメンテナンスを行うことがとても大切です。ここでは、デフの役割やデフが故障したときの症状、デフのメンテナンス、修理についてご紹介します。ぜひお役立てください。

デフとは

デフの正式名称は、「ディファレンシャルギヤ」であり、デフギアと呼ばれることもあります。ディファレンシャルギヤとは差動装置のことであり、車がカーブした道路をスムーズに走行するための役割を担っています。

カーブした道路を走行する場合、カーブの内側にあるタイヤと外側にあるタイヤで走行距離に違いが生まれます。当然、カーブの内側は距離が短く、外側は距離が長くなります。そのため、直線道路を走行するときのように、左右のタイヤのスピードが同じであると、左右どちらかのタイヤが滑ってしまいます。タイヤが滑ってしまうと、車をうまく制御できなくなるので、壁に衝突するなどの交通事故のリスクが高まります。

このような道路のカーブにおける問題を解決するのが、デフの役目です。デフは、左右のタイヤの回転数を調整します。走行距離の短いカーブの内側にあるタイヤの回転数を小さく、走行距離の長いカーブの外側にあるタイヤの回転数を大きくすることで、タイヤの滑りを無くし、安定した走行を実現します。一般に、どのような車でも、このデフの仕組みが導入されています。

デフが故障したときの症状

デフが故障すると、左右のタイヤの回転数の調整がうまく制御されなくなります。その結果、カーブを曲がるときにスムーズな走行ができない、詰まるような違和感があるといった症状が表れます。

デフに異常が生じると、ハンドル操作に違和感が表れることもあります。具体的には、カーブを曲がる際にハンドルにまで振動が伝わるといったものが挙げられます。また、このハンドル操作の違和感とともに、聞きなれない音が鳴ることもよくあります。

デフの内部では、さまざまなギアがうまく噛み合っています。しかし、経年劣化などによりこの噛み合いが悪くなると、「ゴンッ」などの音が生じます。この音からデフの故障を察知することもできます。

デフの故障の原因

デフの故障の原因は、デフオイルの劣化、もしくはデフ内にあるベアリングの劣化の2つが考えられます。

デフが滑らかな動作を行うためには、オイルが必要です。この点はエンジンなどと同様です。デフに用いるデフオイルが劣化すると、デフの動作が悪くなり、異音が生じます。また、カーブした道路での走行が滑らかに行えなくなります。なお、デフオイルを交換したのにも関わらず異音が鳴り止まない場合は、オイル漏れを疑ってみるとよいでしょう。

オイルに問題がないのであれば、デフのベアリングが劣化している可能性が高いです。デフのベアリングは、長年使用していると摩耗していくので、どうしても動作が悪くなってきます。その結果、タイヤの回転数の調整がうまくいかず、カーブがしにくいといった症状が表れます。

デフオイルの交換で適切なメンテナンスを

デフの故障の原因の多くは、デフオイルの劣化によるものです。そのため、デフオイルの交換をしっかり行えば、デフの故障は防げます。デフオイルの交換時期の目安は、走行距離5万㎞です。

なお、すでに触れたとおり、故障の原因はベアリングの劣化にある場合もあります。しかし、オイル交換をしっかり行っていれば、そうそう劣化により異常が生じることはありません。

デフが故障したときの対処法

先にご説明したような症状が表れたときは、デフに何らかの問題が生じている可能性が高いです。その場合は、まずデフオイルの交換を行ってみるのがよいでしょう。多くの場合、それでトラブルは解決します。もしトラブルが解決しないのであれば、オイル漏れが起きている、もしくはベアリングが劣化していることが考えられます。

オイル漏れについては、素人では確認できないので、専門業者にチェックしてもらいましょう。ベアリングの修理も同様に、プロに依頼することを検討してください。

なお、トラブルの原因がデフ以外の場所にあるケースも多々あるので、原因がデフにあると決めつけるのは避けるべきです。たとえば、車から変な音がする場合、デフの異常ではなく、ブレーキパッドで起きたトラブルが原因であるといった場合もよくあります。実際に、ブレーキパッドに異常が生じると、聞きなれない音が生じ、音の出所もデフに近い場所であるため、デフの故障と勘違いしてしまうことが多々あります。

車は複雑な機械ですので、素人判断でトラブルの原因を決めるべきではありません。少しでも走行に違和感を感じたら、専門業者に確認してもらうことをおすすめします。

車の点検はこまめに行いましょう

デフは、カーブした道路を滑らかに走行するために必要不可欠な部品です。デフの故障を放置していると、カーブでの滑りにより事故を起こしてしまうかもしれません。そのようなトラブルを防ぐためにも、日頃から車に異常がないか点検するようにしてください。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。