事故車・廃車に関するお役立ち情報をお届け|株式会社はなまるの情報コラム

無保険の車と交通事故を起こしてしまったら?

  • sns
  • sns
  • sns
  • sns
  • sns

「事故に遭ったが相手方が無保険だったため交渉が非常に難しかった」、「修理代を支払ってもらえず泣き寝入りをした」という話を聞いた事はありませんか?大体の人は入っていると思っている方が多いかもしれませんが、実際は任意保険はどのくらい普及しているのでしょうか?
ここでは、車の保険の種類や無保険車との事故が発生した時の確認事項と交渉についてご紹介します。

保険の種類

自動車保険には、2種類あります。

  1. 法律で加入が義務づけられている自動車損害賠償責任保険
  2. 自動車ユーザーが任意で加入する一般企業が販売している自動車保険

それぞれの特長についてご説明しましょう。

自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は強制保険とも呼ばれ、車の所有者に加入が義務付けられている保険です。加入していなければ車検が通らず、一般道を走行することもできません。
自賠責保険が期限切れの状態で一般道を走行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金だけでなく、違反点数6点が付加されるため免許停止処分となります。
また、自賠責保険証明書を携帯せずに運転した場合は30万円以下の罰金となります。
自賠責保険は被害者救済が第一の目的としているため、補償されるのは人のみであり、事故により車や信号機を破損させてしまっても、補償は一切ありません。さまざまな保険会社で自賠責保険の加入契約ができますが、基準料率が決まっているため、どこの企業や代理店で契約しても同額です。

自動車保険

自動車保険(任意保険)と呼ばれ、加入するかどうかは個人の意思に委ねられています。所有する車、運転する人、過去の事故歴等で保険金額が異なり、複数の補償内容を組み合わせ、自分に必要な内容を選んで契約します。
自動車保険の中でメインとなる補償内容には「賠償責任保険(事故を起こしてしまった時の相手方への補償)」「障害保険(契約者本人への補償)」「車両保険(契約者自身の車の補償)」という3つの種類に分けられます。
求める補償内容で金額は異なりますが、月数千円のものから月一万円を超えるのまで存在します。

無保険車とは?

一般的に「無保険車」と呼ばれるのは、自賠責保険には加入しているが、自動車保険に加入していないという車でしょう。
自賠責保険は新車を登録する時と車検と受ける時に必ず加入しますので、車検切れの車以外で未加入の車は存在しないと言えるでしょう。
それでは、自動車保険に加入していない車に乗っている方は日本でどのくらいいるのでしょうか?
また、自動車保険に加入していない車との交通事故で被害に遭った場合、どのようなトラブルが考えられるでしょうか?

自動車保険に加入していない車の割合

損害保険料率算出機構によると、自動車保険の加入率は全国平均で約75%(令和2年5月発表)。自動車共済に加入している乗用車を合わせても、およそ9割。単純に考えて10台に1台が自動車保険に未加入という結果になります。

未保険車との事故は何が困るの?

未保険車との事故で多いトラブルはいくつかありますが、最大の問題は「個人間での話し合いが非常に難航する」ということでしょう。

他にも、

  • 交通事故で死亡したり後遺障害状態を負ったりした場合、自賠責保険の限度額までの補償しか受けられない
  • 過失のない被害事故の場合、個人間で念書等を作成し分割支払いをして貰う
  • 被害者自身が加入する自動車保険を使用し修理しなければならず、翌年の等級が下がる

このような問題が考えられます。 

未保険車と事故に遭った場合の対処法

実際に未保険車との事故に遭ってしまった場合、どのような事を確認しておけばよいかご説明しましょう。

  1. 事故した車が自身の車かどうか確認する

事故により負傷、加害運転手は第三者から車を借りて運転していた場合、使用できるのは事故を起こした車の所有者が加入している自賠責保険・自動車保険です。たとえ加害運転手が自動車保険未加入であっても、車の所有者が第三者等適用の自動車保険に加入していて、補償を受けることができる可能性もありますので確認しましょう。

  1. 加害者側のご家族が加入している自動車保険を確認する

加害者当人が加入していなくても、その家族の保険が適応される場合があります。

  1. 運転手の確認

運転手の名前、住所、相手の勤務先と雇主(個人または会社とその責任者)の住所・氏名・連絡先を確認しましょう。

運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。

  1. 加害車の確認

車検証・自賠責証書のコピーをもらいましょう。

  1. 被害者自身の加入している保険で何か使えるものがないか確認する

加入している保険内容は必ず確認しましょう。弁護士に相談できるオプションに入っているかもしれません。

  1. 当事者間で交渉の上で示談をする場合は紙面で行う。口頭では行わない

保険に入っていないからと加害者側が示談を求めて来る場合も、口頭では行わず、しっかり考えられる時間・場所を準備して示談に臨みましょう。また当事者同士だと話が進まない場合もあるため、代理人をたてるのもひとつの方法です

※通常両者自動車保険に加入している条件下として、両者過失がある場合は、両者の保険会社が、片方が過失がない場合は過失のある側の保険会社と過失のない当人が交渉をします。

最後に

保険の種類や未保険車との事故の際の確認事項をお伝えしました。
事故はいつ起こるか分かりません。被害者にも加害者にもなりえます。
今回は被害者側の立場でお話ししましたが、これが加害者側になった事を想像してみて下さい。
自身の過失により相手を傷つけ、自賠責の限度額を超える補償が必要になった場合どうなるでしょうか?自分で賠償できますか?
「賠償能力がない」では済まされず、なぜ自動車保険に加入していなかったのかと後悔することでしょう。
自動車保険の加入は加害者だけではなく、多くの人も守ります。
もしあなたが自動車保険に入っていないのであれば、加入をぜひ検討してください。

この記事を書いた人

広報部として、日々車に関するあらゆるノウハウを学ぶ。 おもに、車に起きるトラブルの対処法やお役だち成功など、車の豆知識に関するコラムを執筆。

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。