2024.07.02

10対0の物損事故で修理費はどうなる?請求方法と注意点を解説

10対0 物損事故 修理費

どんな車もスピーディーに、ご相談承ります!今すぐ査定!

交通事故で10対0の物損事故が発生した場合、被害者はどのように修理費やその他の損害を請求できるのでしょうか。

このガイドでは、10対0の物損事故における修理費の請求方法や注意点について詳しく解説します。

10対0の物損事故で修理費は?

全損と部分損の違い

10対0の事故では、全損と部分損のいずれかで修理費の請求が異なります。

全損とは、車の損傷がひどく、修理費用が車両の価値を上回ってしまう場合です。

この場合、修理ではなく、車の価値に基づいた金額が支払われます。

一方、部分損は、修理費用が車両の価値を下回る場合を指し、修理費用が支払われます。

全損と部分損の判断は、保険会社が行いますが、車の損傷状況や修理費用、車両の価値などを総合的に判断して、全損か部分損かを決定する流れです。

全損と判断された場合は、車の価値に基づいた金額が支払われます。

部分損と判断された場合は、修理費用が支払われますが、修理費用は、保険会社の指定する修理工場で行う必要があります。

評価損への対応方法

事故後の評価損についても請求できる場合があります。

評価損とは、事故によって車の市場価値が下がることによる損失です。

例えば、修理後も事故車の履歴が残るため、中古車として売却する際に価格が下がる可能性があります。

この評価損は、事故の状況や車の状態によって金額が異なるものです。

また、事故後の車の価値を証明する資料としては、修理後の車の査定書などが挙げられます。

修理費を含む示談金の請求方法

示談金には修理費だけでなく、代車費用や評価損なども含まれます。

それぞれの請求方法を詳しく解説します。

示談金は、保険会社と交渉して決める金額で、修理費用、代車費用、評価損などの費用を請求する必要があります。

また、示談交渉では、相手方の過失割合を明確にすることが重要です。

過失割合によって、示談金額が大きく変わるため、適正な過失割合を主張することが大切でしょう。

示談交渉は、保険会社と直接行う場合と、相手方と直接行う場合があります。

保険会社と直接交渉する場合は、保険会社から示談金の提案を受け、その金額に納得できるかどうかを判断します。

示談交渉では、以下の点に注意する必要があります。

・修理費用は、保険会社の指定する修理工場で行う
・代車費用は、事故の状況や車の状態、修理期間などによって異なる
・評価損は、事故前の車の価値と事故後の車の価値の差額で計算される
・過失割合は、事故の状況によって異なる

示談交渉は、複雑な手続きを伴うため、弁護士などの専門家への相談がおすすめです。

10対0の物損事故で請求できるその他の費用

代車費用の請求方法

事故車の修理中に代車が必要な場合、その費用も請求できます。

ただし、代車費用は、事故の状況や車の状態、修理期間などによって異なるので気をつけましょう。

例えば、修理期間が長く、公共交通機関での移動が困難な場合や、仕事で車が必要な場合は、代車費用が認められる可能性が高くなります。

代車費用は、保険会社と交渉して決める金額で、請求する際には、以下の点に注意する必要があります。

・代車の種類は、保険会社の指定する範囲内である必要がある
・利用期間は、修理期間とほぼ同じ期間である必要がある
・代車の利用料金は、保険会社の定める基準に基づいて計算される

代車費用は、保険会社によって異なるため、事前に保険会社に確認することをおすすめします。

レッカー代の請求

事故車を動かすためのレッカー代も請求可能です。

レッカー代は、事故現場から修理工場までの距離や、事故車の大きさによって異なります。

また、レッカー代の請求額は、保険会社と交渉して決める金額です。

請求する際には、以下の点に注意しましょう。

・レッカー会社は、保険会社の指定するレッカー会社である必要がある
・レッカー代は、保険会社の定める基準に基づいて計算される

レッカー代は、保険会社によって異なるため、事前に保険会社に確認しましょう。

休車損害の請求方法

修理中に車を使用できなかった期間の損害として、休車損害も請求可能です。

休車損害は、車の使用目的や収入状況によって金額が異なります。

例えば、営業車で仕事をしている場合は、休車期間中の収入減を証明することで、休車損害を請求できる可能性があります。

休車損害を請求する際には、以下の点に気をつけると良いでしょう。

・休車期間は、修理期間とほぼ同じ期間である必要がある
・休車損害の金額は、車の使用目的や収入状況などを考慮して計算される
・休車損害を証明する資料が必要

休車損害は、保険会社によって異なるため、事前に保険会社に確認することをおすすめします。

物損事故の示談交渉の流れ

保険会社への連絡と修理見積もりの取得

事故後、まずは自分の保険会社に連絡し、事故の状況を報告します。

その後、保険会社から修理工場を紹介してもらい、修理見積もりを取得する流れです。

保険会社に連絡する際には、以下の情報を伝える必要があります。

・事故日時
・事故場所
・事故状況
・自分の連絡先
・相手の連絡先

修理見積もりは、保険会社の指定する修理工場で取得する必要がありますが、修理費用、部品代、工賃などが記載されています。

示談交渉の進め方

示談交渉は、保険会社と直接行う場合と、相手方と直接行う場合がありますが、修理費用、代車費用、評価損など、すべての費用を請求する必要があります。

また、相手方の過失割合を明確にすることが重要です。

過失割合によって、示談金額が大きく変わるため、適正な過失割合を主張することが重要になってきます。

示談交渉は、以下の手順で行います。

1. 保険会社に連絡し、事故の状況を報告
2. 保険会社から修理工場を紹介してもらい、修理見積もりを取得
3. 保険会社と示談交渉を行い、示談金額を決める
4. 示談書を作成し、署名
5. 示談金額を受け取る

示談交渉は、複雑な手続きを伴うため、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

示談書の作成と示談金の受取り

示談交渉が成立したら、示談書を作成します。

示談書には、示談金額、支払い方法、支払期限などが記載されているので確認しましょう。

署名すると、示談が成立し、その後は、示談金額が支払われます。

示談書は、保険会社から提出されるので、示談書の内容をよく確認し、特に以下の点に注意する必要があります。

・示談金額
・支払い方法
・支払い期限
・免責事項

示談書の内容に納得できない場合は、署名する前に保険会社に交渉する必要があります。

物損事故で注意すべき点

過失割合が示談金額に与える影響

過失割合は、事故の状況によって異なります。

過失割合は、保険会社が判断しますが、事故の状況や、それぞれの当事者の行動などを総合的に判断して、過失割合を決定します。

例えば、信号無視や速度超過などの重大な違反行為があった場合は、過失割合が高くなり、過失割合が低いほど、示談金額は低くなるものです。

納得できない場合は、保険会社に対して異議申し立てが可能です。

過失割合は、示談金額に大きな影響を与えるため、適正な過失割合を主張することが重要です。

新車の時価額と示談金

新車であっても、示談金は車の時価額に基づいて支払われます。

時価額は、車の年式や走行距離、状態によって異なりますが、新車であっても購入時の全額が保証されるわけではないので、注意が必要です。

無保険車との事故での対応

加害者が任意保険に未加入の場合、示談交渉が複雑になることがあります。

無保険車との事故では、被害者は、自賠責保険から補償を受けることができます。

ただし、自賠責保険の補償金額は限られているため、修理費用が全額支払われない場合があります。

無保険車との事故では、以下の点に気をつけておきましょう。

・補償金額は限られているため、修理費用が全額支払われない場合がある
・自賠責保険の補償範囲は、人身傷害と物損の両方
・自賠責保険の補償金額は、事故の状況や車の状態によって異なる

無保険車との事故では、示談交渉が複雑になるため、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

10対0の物損事故では、被害者が全面的に示談交渉を行うため、適切な請求方法を理解しておくことが重要です。

本記事で紹介したポイントを参考に、確実な対応を心掛けてください。

特に、過失割合や評価損、休車損害などの請求については、しっかりと主張することが重要です。

示談交渉は、複雑な手続きを伴うため、弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。

弁護士は、示談交渉のサポートや、過失割合の主張、示談金額の交渉など、様々なサポートを提供してくれます。

アバター画像

この記事の監修者

澤井 勝樹

「株式会社はなまる」監査役。1975年生まれ。10年近く会計事務所で経理総務全般の経験を積みながら、税理士、行政書士登録。その後、IT系ベンチャー企業のIPOの準備に携わるなど活動。現在はインターネットとクルマの可能性を世の中に伝えたいとソコカラコラムを執筆中。家族・食べること・愛車のセレナが大好き。おもに廃車の手続きや税金に関するコラムを執筆している。

どんな車もスピーディーに、
ご相談承ります!

お車について

メーカー 必須
車種 必須
年式 任意
走行距離 必須

お客様について

氏名 必須
電話番号 必須
郵便番号 必須
※地域により査定額が異なる場合がございます。

車の売却をいつ頃に予定されていますか?必須

お電話、もしくは、メールで査定額をご連絡します。
プライバシーポリシー同意の上

国産車

トヨタ

レクサス

日産

ホンダ

マツダ

スバル

スズキ

三菱

ダイハツ

いすゞ

光岡自動車

日野自動車

UDトラックス

三菱ふそう

輸入車

メルセデスベンツ

AMG

BMW

アウディ

フォルクスワーゲン

オペル

ポルシェ

スマート

キャデラック

シボレー

ジープ

ハマー

GMC

フォード

リンカーン

クライスラー

ダッジ

テスラ

ロールスロイス

ベントレー

ジャガー

ランドローバー

ルノー

ロータス

ローバー

ボルボ

マセラティ

ミニ

プジョー

フェラーリ

ランボルギーニ

フィアット

ヒュンダイ

シトロエン

サーブ

アルファロメオ

アバルト

アストンマーティン

MG

その他・不明

車種

今すぐ無料査定! 今すぐ無料査定!

お電話で今すぐ査定!

0120-590-870

WEBでの査定はこちらから!
24時間受付中!

  • オンライン査定
  • LINE査定

関連記事

今すぐ無料査定! 今すぐ無料査定!

お電話で今すぐ査定!

0120-590-870

WEBでの査定はこちらから!
24時間受付中!

  • オンライン査定
  • LINE査定

pagetop